写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ポルシェ ジャパンは7月28日から、新型「パナメーラ 4S」「パナメーラ ターボ」の予約受注を全国のポルシェ正規販売店で開始する。スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性をこれまで以上に高い次元で調和させた。

新型「パナメーラ」では、現行モデルを全面的に改良し、エンジン、トランスミッション、シャシーすべてが見直された。ディスプレイと操作機能も未来志向を高めている。リアアクスルステア、アクティブロールコンペンセーション、3チャンバーエアサスペンションなどの最新技術も採用した。

エンジンは新設計されたV6およびV8ツインターボで、パワーアップしながら燃費性能を改善。「パナメーラ ターボ」「パナメーラ 4S」には新しいツインターボ直噴エンジンが搭載される。「パナメーラ ターボ」のV8ガソリンエンジンは最高出力550PS、「パナメーラ4S」のV6ガソリンエンジンは最高出力440PSを発揮する。

エクステリアは長くダイナミックなプロポーションや力強いサイドパネルが特徴で、リアを20mm低くしたことにより、スポーティで引き締まったルーフラインを実現した。インテリアは未来志向にリファインされ、インタラクティブなディスプレイは、スマートフォンやタブレットの見やすさ、直感的な操作による車の制御のための実用性を兼ね備えている。従来のハードキーとメーター類は大幅に縮小され、コックピット中央はタッチパネルと個別に設定可能なディスプレイが設置されている。

価格は「パナメーラ 4S」が1,591万円、「パナメーラ ターボ」が2,327万円(ともに税込)。「パナメーラ ターボ」のみ、期間限定で左ハンドル車の受注を受け付ける。

(山津正明)