ヤマハ発動機は、デザインフィロソフィー 「Refined Dynamism(洗練された躍動感)」 に基づくデザインコンセプト「GEN」の第5弾・第6弾となる「05GEN」「06GEN」を発表しました。

動画を見るにはこちら

今回発表された両モデルは、建築家の伊東豊雄氏の大三島(愛媛県今治市)での“島づくり”の活動にヤマハが賛同し、これまで多くのモビリティが目指してきた、速さや走行距離を求めた効率的な移動からあえて考え方を変えて、生活圏内や旅先での短い距離をゆっくりと移動し、「人と人、人と場所の縁を結ぶ」モビリティとしてデザインしたということです。

1

「06GEN」は、体を優しくくるむ「衣」をイメージした電動アシスト技術搭載の3輪モビリティで、ヤマハが従来から発売している電動アシスト自転車の技術を応用したものようです。前1輪・後1輪の3輪構造で、旋回時には小回りを容易にするリーニング機構が備えられています。

 

開放感のあるルーフとコンパクトなボディにより、周りの人と触れ合える距離感を保ちつつ、軽い雨や日差しから守り、近距離のちょっとしたおでかけをサポートすることを目指しています。

「06GEN」は、内でもなければ外でもない曖昧な空間「縁側」をイメージした電動4輪モビリティで、運転席を囲むL字型に配置されたベンチシートがリビングルームのソファのような雰囲気を作り出しています。車いすを搭載して走行できるように工夫されています。

 

スピードがゆっくりだからこそ実現できる開放的な構造と、曲線的かつ柔らかいデザインにより、周囲に馴染み、人々を温かく招き入れ、行き先へと運ぶニューコンセプトのモビリティになっています。

 

大三島の今治市伊東豊雄ミュージアムのリニューアルオープン内覧会(7月2日)と、トークイベント(7月3日)では「05GEN」「06GEN」の両モデルを展示し、終了後には「05GEN」をミュージアムで展示します。

(山内 博・画像:ヤマハ)

人と人、人と場所の縁を結ぶ、ゆっくり移動するヤマハのモビリティコンセプト【動画】(http://clicccar.com/2016/07/01/382298/)