写真提供:マイナビニュース

写真拡大

こんにちは。大山奏です。気温が段々と高くなってきて、さっぱりとしたものを食べたくなる時期になりましたね。暑い時期には水分補給が大切となるので、食事からも水分を多めに摂(と)れるようにしたいものです。

そこで、食欲がなくなる暑い時期でもさっぱりと食べられる、きゅうりを使ったレシピを紹介したいと思います。きゅうりささみサラダという料理ですが、実際にはサラダよりもボリュームがあるので、この料理とご飯だけでも十分に晩御飯になりますよ。

○きゅうりささみサラダ

材料(2人分)

きゅうり 2本 / ささみ 200g / 酒 大さじ2 / めんつゆ 適量

つくり方

1.ささみに酒をかけ、500Wの電子レンジで2分半温める。

2.1を裏返してさらに2分半加熱する。

3.ささみを温めている間にきゅうりを細切りにする。

4. 2に火が通っているのを確認し、粗熱がとれたら細かくほぐす。

5. 4ときゅうりを混ぜ、麺つゆをかければ完成。

○ささみ肉はダイエットに大活躍

肉の中でもささみ肉のカロリーが低いというのは、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実際に鳥もも肉は100gあたり約253kcalなのに対し、ささみ肉は約114kcalと半分以下のカロリーです。

「体脂肪は気になるけれど肉は食べたい」となれば、断然ささみ肉の方がいいのがわかりますよね。ささみ肉には脂肪分がほとんど入っていないのも魅力的です。その上たんぱく質は鳥肉の他の部位よりも多めなので、ぜひ活用したいですね。

○お酒のおつまみにも

暑い時期は「仕事が終わって帰ってきたら、ビールを一杯飲みたい! 」なんて気分にもなりますよね。今回の料理はそんなときのおつまみにも最適です。麺つゆだと少し甘すぎるという場合には、青じそドレッシングやポン酢などでもおいしく食べられますよ。

たんぱく質とミネラルなどをしっかりと摂れ、ご飯などの炭水化物を抜きにすれば、多少ビールを飲んでもプラスマイナスゼロくらいのカロリーになるでしょう。

もちろんビールの飲み過ぎで太ってしまっては意味がないので、どうぞご注意を!

○筆者プロフィール: 大山 奏(おおやま かなで)

スピリチュアルと運動が好きなアウトドア系ライター。整体師。癒やしを与えられる人になろうとアロマテラピーインストラクター・セラピストへ向けて勉強中。ストレス解消法は神社巡りと滝行。スピリチュアル系雑誌の執筆から脳科学・恋愛記事まで、興味のあるものには迷わず挑戦している。ブログ「ひよっこライター大山奏」では、日々の出来事を思うままにつづっている。また、これまでのさまざまなストレッチをまとめた電子書籍も販売中。

(大山奏)