写真提供:マイナビニュース

写真拡大

FCAジャパンは29日、「ラングラー」「ラングラー アンリミテッド」「グランドチェロキー」に「75th アニバーサリーエディション」を設定し、台数限定で7月16日に発売すると発表した。

「75th アニバーサリーエディション」は、1941年に誕生したジープブランドが今年で75周年を迎えることを記念し、ジープすべてのモデルに設定される限定モデル。5月に第1弾として「レネゲード」「コンパス」「チェロキー」が発売され、今回は「ラングラー」「ラングラー アンリミテッド」「グランドチェロキー」の特別仕様車が発売される。第1弾モデルと同様、「グリーン」「オレンジ」「ブロンズ」をボディおよびインテリアの共通のメインカラーに設定。それぞれのモデルに特別な装備を追加した。

とくに「グランドチェロキー」は大幅な変更を加えており、フロントフェイスを一新。LEDのフロントフォグランプも装備して高級感を向上させた。ベースモデルには設定されてしていない安全機能もすべて装備。3.6リットルペンタスターエンジンを改善し、燃費を約12%向上させた。「ラングラー」もフードパワードーム、ロックレール、17インチアルミホイール、レザー / メッシュコンビシートなどが特別装備される。

価格は「ジープ ラングラー 75th アニバーサリーエディション」が412万5,600円、「ジープ ラングラー アンリミテッド 75th アニバーサリーエディション」が443万8,800円、「ジープ グランドチェロキー 75th アニバーサリーエディション」が604万8,000円(税込)。

(山津正明)