かんべんしろよ……社内恋愛で男性が巻き込み事故にあった経験8つ

写真拡大

社内の誰と誰が付き合っていようと、自分には関係ないし……と思っていても、思いがけないところで巻き込まれてしまうのが社内恋愛というものです。他人の社内恋愛のごたごたに巻き込まれてしまった経験を、社会人の男性に聞いてみました。

■痴話ゲンカは勤務時間外でお願いします

・「カップルのケンカが職場で始まった。周りは不愉快」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ケンカの仲裁を頼まれ、代わりに殴られた」(33歳/その他/販売職・サービス系)

社内恋愛をする以上、目立つ行動は控える必要があります。職場でけんかをはじめるなんてもってのほか。他人の痴話げんかを見ていい気分になる人はいません。TPOを考える必要がありますね。

■みんな理解してくれていると思わないで

・「社内恋愛している彼女が、ケンカした翌日に『昨夜あまり寝ていないのです』と、勤務中『私しんどいので寝ます』と上司の返事を聞かずに寝出した」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「失恋した話を、未練がましく繰り返し聞かされて、何が駄目だったか相談されること」(33歳/機械・精密機器/技術職)

社内恋愛はお互いの人となりをほかの社員たちも知っているため、理解してくれるだろうという甘えが出てしまうこともあります。たとえ2人の仲がうまくいっていなくても、悪口は言ってはいけません。恋人の悪口を言ったはずが、同僚の悪口になってしまいます。

■社内恋愛を繰り返した結果

・「職場の人間に手当たり次第に手を出すやつがいて、修羅場だった」(32歳/商社・卸/営業職)

・「離婚した人の元夫と、現在の夫が同じ部署になったとき」(33歳/その他/事務系専門職)

1人の人と社内恋愛をして別れたのちにほかの社員と付き合ったという場合は、どうしても気まずさが残ってしまいます。新旧の相手同士がトラブルを起こしてしまうこともあり、ピリピリした空気になってしまうのは否めないですよね。

■これだから社内恋愛は

・「同期同士がお付き合いをしていたが、公私混同に近い言動があったり、だらしない面があったりすると、その世代の人はみんな同じなのだろう、とひとくくりにされた」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「まったく関わった事ないのに、なぜか自分の名前が出て、浮気されてた男に変な目で見られた事がある」(35歳/人材派遣・人材紹介/その他)

節度を守って周囲の気持ちを考えられる2人なら、社内恋愛もまったく問題ないでしょう。ですが一部の人たちの行動が社内恋愛や同世代のイメージを悪くしていることもあります。「これだから社内恋愛は」と言われないよう気を付けたいですね。

■まとめ

もし自分が社内恋愛をする立場になったら、絶対に他人を巻き込まないことを心に誓う必要があります。安易な気持ちで社内恋愛をはじめてしまうと、いつかどこかで誰かに迷惑をかけることになりかねません。社内恋愛は周囲に気を使い、相手の立場を守れる人のみに許された付き合い方なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳〜39歳の社会人男性)