30日、韓国・ソウルの地下鉄で、ホームドアの誤作動により乗客がホームドアと列車の隙間に一時閉じ込められたことが分かった。写真はソウルの地下鉄駅。

写真拡大

2016年6月30日、韓国・ニューシスなどによると、韓国・ソウルの地下鉄で、ホームドアの誤作動により乗客がホームドアと列車の隙間に一時閉じ込められたことが分かった。

地下鉄を運営するソウルメトロによると、28日午後9時45分ごろ、4号線東大門駅のホームで、乗客が出発間際の列車に駆け込もうとしたところでホームドアが閉まり、ホームドアの外側に取り残された。この時ホームドアのセンサーが正しく作動せず、列車がそのまま出発するという危険な状態となった。

列車が去った約2分後にホームドアが開き、閉じ込められた乗客は無事に助け出された。ホームにいた他の乗客が事態を駅事務室に届け出たが、駅員はけが人が出なかったため地下鉄を管理するソウル市に報告をせず、日誌への記録にとどめたという。日誌の記載から遅れて事態を把握したソウルメトロの上層部は、翌29日夕方に市に届け出を行った。

ソウルの地下鉄では今年5月、ホームドアの修理を行っていた作業員の男性が進入してきた列車とホームドアに挟まれ命を落とし、韓国で大きな問題となっていた。度重なる誤作動に問題の隠蔽(いんぺい)もにおわせる今回の事態に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「ソウルの地下鉄は人の運によって命が左右される恐ろしい地下鉄なんだね」
「朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が『二度と同じことが起こらないように』と再発防止を約束してから何日たっただろう?」
「どんな作り方をしたら、毎日のようにホームドアが故障するのかな」

「なぜ無理やり乗ろうとしたんだろう?最終電車でもないだろうに」
「問題を隠蔽しようとした人間も問題だけど、乗る側もきちんとしたマナーを守るべきだ。無理な駆け込み乗車で、他の設備だってすぐに壊れかねないよ」
「予防策も大事だけど、乗客へのマナー教育も大事。特に年寄りはよく地下鉄に飛び乗るし、降りる人を押しのけて乗ろうとする」

「ソウルメトロは隠したかっただろうね」
「報告もしないでなぜ主観的に行動するんだ?ちゃんとマニュアルに従ってくれ!」
「謝ってばかりいないで上の人間からクビにすべき」
「もうこうなったら社長を拘束だな」(翻訳・編集/吉金)