49歳で妊娠のジャネットだけじゃない、アラフィフ出産はセレブの常識!?
 芸能人・一般人問わず、日本でも増えているアラフォー世代の出産。

 アメリカではアラフォーどころかアラフィフの歌姫ジャネット・ジャクソンが、49歳で妊娠したと報道されてお祭り騒ぎになったばかり。今日は、実はまだまだいるアラフォー&アラフィフ・セレブの妊娠・出産例をまとめます。

◆人気アラフォー女優に初めての実子

 直近では6月末にTVドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』のイザベル役で人気を博した女優キャサリン・ハイグル(37歳)が、『People』を通じて「我が家に新しい家族が加わることになりました!」と喜びを報告して話題に。

 キャサリンは2007年に結婚。彼女の実姉が韓国出身の養女であったことから「自分の生まれ育った環境に似た家族を作りたい」と、結婚前から養子を望んでいたというキャサリン。2009年には韓国から女児ナリーちゃん、2012年には米国内から女児アデレイドちゃんを養子に迎えていましたが、実子妊娠はこれが初めて。

 第一報が報じられた翌日、キャサリンはインスタグラム上にエコー写真をアップ。「ちょっとしたニュースがあるの!」というメッセージと共に実子妊娠が真実であることを認めました。

◆増えるオーバー40出産

 しかしアラフォーとはいえキャサリン嬢はまだまだ30代。セレブの40代での妊娠・出産例も見ていきましょう。

 40代前半で初めて出産したセレブには、41歳で娘を生んだメキシコ人女優サルマ・ハエック、 42歳で男女の双子を生んだマライア・キャリー、40歳で初めての実子を授かったニコール・キッドマンなど。初産ではないものの41歳で息子のロッコを生んだマドンナ、不妊治療の末に42歳で2回目の妊娠をし、双子の男の子を生んだ歌手セリーヌ・ディオンなどもいます。

 またスカパンクバンド「ノー・ダウト」のボーカリスト、グウェン・ステファニー(46歳)も2年前に3人目の子供を出産。子どもたちの父親とは昨年8月に離婚していますが、現在交際中のカントリー歌手ブレイク・シェルトン(40歳)との間にも子供が欲しいと願っているようだと『US Weekly』が伝えています。実現すればアラフィフ出産。今後が楽しみなカップルです。

◆アラフィフ出産はセレブの新常識?

 さらにセレブの間では、40代後半いわゆるアラフィフでの妊娠・出産もざらにあること。

 バツ3の末に4度目の再婚で46歳のときに女児、48歳のときに双子を出産した女優のジーナ・デイビスのほか、49歳で第1子を出産した『ラブ・アクチュアリー』のローラ・リニー、45歳で双子を生んだ『デスパレートな妻たち』のブリー役のマーシャ・クロスなどその数無限大。

 ハル・ベリーは46歳で第2子、ジョン・トラボルタの妻ケリー・プレストンは48歳で3人目を出産。だいぶ前の話ではありますが、スーザン・サランドンは42歳、46歳のときにそれぞれ子供を授かっているとか。

 オーバー40の妊娠・出産には、自然妊娠の確率の低さや高齢出産におけるリスク、妊活にかかる高額費用などは無視することのできない問題が山積み。セレブの新常識も一般市民の生活とはかけ離れた「ハリウッド王国」で起こっていることなのだと、きちんと区別して考えなければいけません。

 わかっちゃいるけど……出産を諦めず働く女子にとって、自分と同世代もしくは年長者が元気に赤ちゃんを生み、出産後も活躍している姿はやはり励みになるもの。少しぐらい励みにしてもいいですよね?

Source:
『People』http://bit.ly/28OLpjK
『US Weekly』http://usm.ag/20TujWz

<TEXT/橘エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)