写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で30日、少年マンガ雑誌『週刊少年ジャンプ』とコラボレーションした新イベント「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」(7月1日〜9月4日)のプレスプレビューが行われ、『ONE PIECE(ワンピース)』のリアルライブショー「ワンピース・プレミアショー 2016」(〜10月2日)がお披露目された。

初登場の2008年以来、毎回大人気の「ワンピース・プレミアショー」は、『ONE PIECE』の世界を忠実に表現したオリジナルショー。パイロ(演出用花火)、特殊効果、スタント技術、そして、昨年導入した立体映像とプロジェクション・マッピングを融合させた最新技術「S3D プロジェクション・マッピング」を駆使し、壮大なスケールで展開する。

今回の舞台は、"約束を守ること"が命よりも大切とされる島「プロミスランド」。ドレスローザでの戦いを終え、新世界をゆくサニー号は、何者かに攻撃されてこの島にたどり着く。島でルフィは、親切な少年と出会うが、実はこの島を牛耳る海軍中将のワイルダーが、少年の持つ"ある能力"を利用して麦わらの一味掃討作戦を企てていた。

ルフィをはじめ、ゾロやナミら麦わらの一味の1年ぶりの登場に、先行招待ゲストが詰めかけた客席から歓声が。そして、少年の能力により、一味の因縁の敵たちが次々に登場し、襲い掛かる。大将藤虎も現れ、ルフィが窮地に陥ると、トラファルガー・ローや麦わら大船団が参上。客席の熱気が高まる中、ルフィの渾身の必殺技「ギア・フォース」が炸裂する。また、麦わらの一味にとって大切なあの存在が現れると、感動の拍手が起こった。

今回、麦わらの一味にとって人生の起点となった過去の名シーンも再現。ルフィがシャンクスから麦わら帽子を託されたシーンや、サンジと海上レストラン・バラティエの料理長ゼフとのシーンなどがよみがえる。ブルックの「斜め45度」やフランキーの「スーパー!!」、チョッパーのかわいすぎる「うれしくねーぞ! コノヤロー!」など、おなじみのセリフも盛りだくさん。そして、ゲストがルフィたちのために協力する場面もあり、熱く盛り上がった。

「ワンピース・プレミアショー 2016」のほか、昨年好評だったストリートショー「ワンピース・ウォーターバトル」は、びしょ濡れ具合がパワーアップして開催。2大レストラン「麦わら大船団の宴レストラン」「サンジの海賊レストラン」も登場する。さらに、USJ限定グッズも販売する。

「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」では、『ONE PIECE』のほか、『ドラゴンボール』『DEATH NOTE(デスノート)』のアトラクションも登場。また、同期間、『妖怪ウォッチ』の世界を満喫できる「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」や、ミニオンたちと水かけ合戦を楽しむ「ウォーター・RE-BOOOOOOOORN・パーティ」なども開催する。

「ワンピース・プレミアショー 2016」開催概要
【開催期間・回数】2016年7月1日〜10月2日 計84回(1日1回)
※7月5日〜8日、12日〜14日、8月4日、9月6日・7日は休演
【時間】開場18:45/開演19:15(約70分)
【場所】ウォーターワールド
【価格】S1シート大人4,980円/子供3,980円、S2シート大人3,980円/子供2,980円、A1シート大人2,980円/子供1,980円、A2シート大人1,980円/子供980円
※別途入場券が必要。前売りはオフィシャルWEBサイト、ローチケHMVなどで販売中。当日販売はパーク内のプレミアショー・チケットセンターにて販売。当日販売は残席がある場合のみ