手倉森ジャパンが招集した「77名」のリオ五輪世代選手まとめ

写真拡大

U-23日本代表の手倉森誠監督は、さきほどリオ五輪に向けた登録選手を発表した。

リオへの切符を掴み取ったのはわずか18人。オーバーエイジを除いたリオ五輪世代の選手は15人であり、生き残りのバトルがいかに熾烈であったかが分かる。

2014年1月に監督に就任して以来、手倉森誠監督はこれまで77名の選手を公式試合やトレーニングキャンプに招集してきた。

今回は、そのメンバーを一覧で見てみることにしよう。

なお、手倉森監督はU-23南アフリカ戦の前日会見で「78人」と話したが、日本サッカー協会のリリースを見る限りこれまでに招集したのは77人である。

2015年7月に行われたキャンプにベガルタ仙台MF藤村慶太が選ばれたという情報もあるが、公式なものが見当たらないので今回は「77人」として紹介する。

※順不同
※所属は2016年6月30日現在
※太字は最終メンバー入りを果たした選手
※AFC U-23選手権2016予選の予備登録メンバーは除く

GK:

櫛引 政敏(鹿島アントラーズ)
中村 航輔(柏レイソル)
杉本 大地(徳島ヴォルティス)
牲川 歩見(サガン鳥栖)
ポープ・ウィリアム(FC岐阜)
山田 元気(京都サンガ)
永井 堅梧(カターレ富山)
吉丸 絢梓(大分トリニータ)

DF:

亀川 諒史(アビスパ福岡)
室屋 成(FC東京)
岩波 拓也(ヴィッセル神戸)
植田 直通(鹿島アントラーズ)
山中 亮輔(柏レイソル)
中谷 進之介(柏レイソル)
松原 健(アルビレックス新潟)
伊東 幸敏(鹿島アントラーズ)
伊東 純也(柏レイソル)
三浦 弦太(清水エスパルス)
橋本 拳人(FC東京)
ファン・ウェルメスケルケン 際(ドルトレヒト/NED)
高橋 祐治(京都サンガ)
三竿 健斗(鹿島アントラーズ)
三丸 拡(サガン鳥栖)
吉野 恭平(サンフレッチェ広島)
安在 和樹(投稿ヴェルディ)
奈良 竜樹(川崎フロンターレ)
西野 貴治(ガンバ大阪)
高橋 壮也(サンフレッチェ広島)
櫛引 一紀(北海道コンサドーレ札幌)
佐藤 和樹(水戸ホーリーホック)
小山内 貴哉(福島ユナイテッド)
小川 諒也(FC東京)
前 貴之(北海道コンサドーレ札幌)
湯澤 聖人(柏レイソル)

MF:

大島 僚太(川崎フロンターレ)
遠藤 航(浦和レッズ)
原川 力(川崎フロンターレ)
矢島 慎也(ファジアーノ岡山)
中島 翔哉(FC東京)
南野 拓実(レッドブル・ザルツブルク/AUT)
井手口 陽介(ガンバ大阪)
豊川 雄太(ファジアーノ岡山)
為田 大貴(アビスパ福岡)
鎌田 大地(サガン鳥栖)
関根 貴大(浦和レッズ)
喜田 拓也(横浜F・マリノス)
宮原 和也(サンフレッチェ広島)
井出 遥也(ジェフユナイテッド市原・千葉)
幸野 志有人(レノファ山口)
川口 尚紀(清水エスパルス)
三島 勇太(アビスパ福岡)
秋野 央樹(柏レイソル)
川辺 駿(ジュビロ磐田)
小泉 慶(アルビレックス新潟)
小塚 和季(アルビレックス新潟)
小林 祐介(柏レイソル)
杉本 竜士(東京ヴェルディ)
石毛 秀樹(清水エスパルス)
前田 直輝(横浜F・マリノス)
前田 凌佑(ヴィッセル神戸)
野津田 岳人(アルビレックス新潟)
中野 嘉大(川崎フロンターレ)
田鍋 陵太(名古屋グランパス)
野澤 英之(FC東京)
内田 航平(水戸ホーリーホック)

FW:

久保 裕也(ヤングボーイズ/SUI)
浅野 拓磨(サンフレッチェ広島)
鈴木 武蔵 (アルビレックス新潟)
金森 健志(アビスパ福岡)
オナイウ 阿道(ジェフユナイテッド市原・千葉)
荒野 拓馬(北海道コンサドーレ札幌)
松村 亮(ヴィッセル神戸)
後藤 優介(大分トリニータ)
澤上 竜二(セレッソ大阪)
富樫 敬真(横浜F・マリノス)
鈴木 優磨(鹿島アントラーズ)
小屋松 知哉(名古屋グランパス)