写真提供:マイナビニュース

写真拡大

AvePoint Japanは6月30日、SharePoint用エンタープライズ向けインフラ管理プラットフォームの最新版「DocAve 6 サービス パック(SP)7」の国内提供を開始したと発表した。

今回のバージョンは、2016年5月にリリースされた「SharePoint 2016」に対応しており、旧バージョンからの移行と「SharePoint 2016」を最大限に活用するための機能が実装されている。

具体的には、旧バージョンのSharePointや各種レガシーシステムから、SharePoint 2016およびOffice 365のSharePoint Online への直接移行が可能。また、「DocAve高速移行 for Office 365」の利用により、旧バージョンのSharePoint、ファイル サーバ、LiveLinkから、従来の最大約5倍のスピードで移行作業を完了できる。

さらに、オンプレミス版で使用していたワークフローを、定義を変更する必要なく、クラウドに移行・レプリケートし、Nintex Workflow for Office 365に転換してクラウド環境で使用可能となった。

データ保護においては、レコード管理機能を強化。自社のSharePointやOneDrive for Businessなどの情報環境に対してカスタマイズ可能なルールを適用し、データを適切に保護する。

(Aries)