写真提供:マイナビニュース

写真拡大

freeeは6月30日、日本マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」との連携に対応したと発表した。これにより、MicrosoftアカウントやOffice 365で利用しているアカウント情報を利用して、「クラウド会計ソフト freee」をはじめとした、freeeの各種サービスへのシングルサインオンが可能となる。

また、「クラウド会計ソフト freee」とExcelの連携により、両サービス間でのデータのやり取りがスムーズに行えるようになった。例えば、Excelで作成した経費精算のデータを同サービス上で会計データとして取り込むことや、、逆にfreeeで作成した経費精算データをExcelに取り込むことで、業務の効率化を実現する。

freeeは今後、Office 365の連携利用を促進するプロモーションや、各種サービスのシームレスな連携などを通して、クラウドを活用した中堅・中小規模法人のワークスタイル変革と業務生産性向上の支援を推進していく。

(Aries)