『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』ティザービジュアル ©Universal Pictures.

写真拡大

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の日本版予告編とティザービジュアルが公開された。

【予告編を見る】

10月に全国で公開される同作は、映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズの最新作。テレビ局のプロデューサーになった「アラフォー」のブリジッドが、ハンサムなIT企業の社長・ジャックと急接近する一方で、かつての恋人マークと再会し、2人の間で揺れ動くというあらすじだ。

予告編ではレニ―・ゼルウィガー演じるブリジッドが妄想の中で結婚式を挙げている様子や、コリン・ファース演じるマークの姿、野外フェスティバルでパトリック・デンプシー演じるジャックと出会うシーンに加え、ブリジッドの妊娠が発覚する場面が確認できる。