1日、風俗店の女性らに性的暴行を加えた疑いで4度にわたり告訴された韓国のアイドルグループJYJのパク・ユチョンが、初めて被疑者として警察に出頭し8時間の取り調べを受けた。写真はユチョン。

写真拡大

2016年7月1日、韓国・聯合ニュースなどによると、風俗店の女性らに性的暴行を加えた疑いで4度にわたり告訴された韓国のアイドルグループJYJのパク・ユチョンが、初めて被疑者として警察に出頭し8時間の取り調べを受けた。

6月30日午後6時30分ごろソウル江南警察署に到着したユチョンは「多くの方々にご心配をおかけし申し訳ない」とコメント、その後約8時間の取り調べを受け、翌1日午前2時20分ごろにやや疲れた表情で警察署を出た。「容疑を認めたか」などの取材陣の問い掛けには答えなかった。性的暴行容疑について集中的に追及した取り調べでのユチョンの様子について、警察は「取調官の質問に誠実に答えていた」とコメントしている。

警察はこの日の取り調べでユチョンの口腔上皮から細胞を採取し、最初に訴えた女性が証拠として提出した下着のDNAとの照合作業を進める予定。また今後、ユチョン側が訴えている虚偽告訴・恐喝容疑事件についても捜査するため、ユチョンを数回取り調べる予定だ。

ユチョンは先月、性的暴行を加えられたとして4人の女性から訴えられた。このうち1人目の告訴人は間もなく訴えを取り下げたが、30日、再び告訴に踏み切り警察に厳しい処罰を求めている。

これを受け、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「芸能人の強姦(ごうかん)、窃盗、賭博、麻薬なんて今に始まったことじゃない」
「真実を明らかにして、処罰を受けさせるべき。過ちは過ちだ」
「もうテレビで見たいと思わないね」

「DNAの照合するって言ってから何週間だよ…まだやってなかったのか」
「性的暴行をしていなかったとしても、もう復帰は難しそう」
「罪をはっきり認めて償う方が本人のためになる」

「これが韓流スター?一般人より駄目じゃないか」
「10年後、ユチョンはみんなの記憶から消えるだろうな」
「命懸けで『やってない』と言ったんだろう。うっかりすると刑務所行きだからね」(翻訳・編集/吉金)