写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で6月30日、少年マンガ雑誌『週刊少年ジャンプ』とコラボレーションした新イベント「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」(7月1日〜9月4日)のプレスプレビューが行われ、『ドラゴンボール』の4Dアトラクション「ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D」がお披露目された。

「ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D」は、『ドラゴンボール』史上初のフル3D CGアニメーションによる4Dアトラクション。超サイヤ人・孫悟空と宇宙の帝王・フリーザの大激闘を、パーク完全オリジナルストーリーとして描く。

プレショーで懐かしの名場面を振り返り、今回のストーリーに一歩踏み込んだ後、劇場内へ。ドラゴンボールで比類なき戦闘力を持って復活を遂げたフリーザと地球を守るために立ち上がった悟空の死闘が繰り広げられ、フル3D CGアニメーションに加え、振動や爆風といった4D特殊演出により、戦いの場に自分もいるような感覚に。技の波動や炎などを感じ、超人バトルを全身で体感できる。

フリーザの容赦ない攻撃で絶体絶命のピンチに陥った悟空を救うため、ベジータやあの仲間たちも登場。そして、ゲストも巻き込み、みんなの力を合わせてフリーザに反撃する。戦いの場として、現実世界の場所が登場するサプライズも。また、緊迫したバトルだけでなく、キャラクターたちのコミカルなやりとりにクスッと笑える場面にも注目だ。

アトラクション誕生を記念して、『ドラゴンボール』のUSJオリジナルグッズ&メニューも登場。原作でおなじみの仙豆をイメージした「仙豆(大豆チョコレート)」や、ドラゴンボールをかたどった「出でよ神龍!〜くずもちおーくれ!〜」「フリーザ様第一形態ドリンクボトル」などが販売される。

「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」では、『ドラゴンボール』のほか、『DEATH NOTE(デスノート)』と『ONE PIECE(ワンピース)』のアトラクションも登場。また同期間、『妖怪ウォッチ』の世界を満喫できる「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」や、ミニオンたちと水かけ合戦を楽しむ「ウォーター・RE-BOOOOOOOORN・パーティ」なども開催する。