6月頭に梅雨入りが発表され、全国的にぐずつく天気が続いています。梅雨に入ってから悩むのが家事。知らず知らずのうちに湿気がこもり、いつしかカビまみれ……なんてことも。雨が続くとどうしても室内のムレやにおいも気になってきます。
そこで今回は、梅雨の時期でも涼しげに暮らすポイントをお伝えしていきます。きれいにキープすることで家族も気持ちよく、カビからも遠ざかることができますよ。7月中旬まで続く梅雨明けまでにポイントをマスターしましょう。

梅雨でも快適にする家事ポイント

部屋干しと除湿は必ずセットで

雨が続いてしまうと避けられないのが、部屋干し。部屋干しするには必ず「除湿」をセットで行うこと。この時期に大活躍なのが除湿器です。湿気を吸いとってくれるだけでなく、送風で部屋干しの洗濯物も乾きやすくなります。
除湿器がない方でも、同様の効果を得られる方法があります。それは、エアコンのドライや除湿機能を使い、室内の空気をカラりとさせること。さらに、扇風機を洗濯物に当てると乾きやすくなります。洗濯が終わったらすぐに干すのもにおいを防ぐ大切なポイントです。

雨の日でも換気を忘れずに

雨が降っていると、つい窓も閉めたくなってしまいます。しかし! 室内の空気がこもるので雨の日でも換気は必須。
雨が入りこまないくらい(約15〜20僉冒襪魍けるだけでOKです。このときに窓と向かいのドアやほかの部屋の窓も開けて、空気の通り道を作ってあげるのも、部屋全体の換気を短期間に済ませるポイントです。

水まわりの掃除で一気に快適アップ

お風呂場は汚れをためない・広げない

カビや水アカが広がりがちなお風呂。梅雨の時期の水まわりの掃除は、快適度をあげるために大切です。まずは、スポンジやいらなくなった歯ブラシなどで排水溝をきれいにしましょう。ここがきれいだと清潔感が一気にアップします!
ここをきれいにしておけば、普段のお風呂掃除のついでに同じスポンジと洗剤で排水溝を洗うことができます。入浴後はしっかりと換気をし、壁の水気をタオルでふくか、スクイジーで切りましょう。汚れがたまらないと達成感も出ますよね。

ついで洗いで洗面所もピカピカ

洗面所は毎日何度も使用する場所。どうしても湿気がこもるので、タオルにもにおいやカビが発生しがちです。
梅雨の洗面所は「ついで掃除」を心がけて。洗顔後のタオルでパパッと鏡や洗面台をふき、そのまま洗濯しましょう。タオルも毎回変えられるので清潔です。ふきムラが気になる場合は、マイクロファイバークロスを使って!

ケアする手が大事!

いろいろなものを触る手は思っている以上に汚れや雑菌まみれです。スキンケアやメイクなど肌を触る前には、必ず手をしっかりと洗うこと。ニキビや肌トラブルの予防になり、化粧品をクリーンに保つためにも重要です。手洗いなくして美肌育たず! 梅雨をいい機会に続けてみましょう。

まとめ

今回ご紹介したちょっとしたひと工夫は快適に過ごすために重要なので、ぜひ実行してほしいです。家の中でジメっと湿気を感じるのとそうでもないのとでは、過ごしやすさもまるで違いますよ。気持ちよく梅雨を乗りこえるためにも家事にひと工夫、加えてみませんか?