日本の国内総生産(GDP)が2011年に中国に抜かれたことは当時、日本に大きな衝撃をもたらした。だが、中国の人口は日本の10倍以上に達し、国土も日本のほうが圧倒的に小さく、それでも日本は今なお世界第3位の経済大国だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本の国内総生産(GDP)が2011年に中国に抜かれたことは当時、日本に大きな衝撃をもたらした。だが、中国の人口は日本の10倍以上に達し、国土も日本のほうが圧倒的に小さく、それでも日本は今なお世界第3位の経済大国だ。

 バブル崩壊後、成長の停滞が続く日本経済に対し、中国では軽視する声も存在するが、中国メディアの一財網はこのほど、「小さな島が集まったような国の日本の経済力がこれほどまでに強いのは謎である」と主張、一般の中国人の目には見えない部分で日本経済は実力を高め続けていると論じている。

 記事は、中国人旅行客の爆買いが日本経済に大きな恩恵をもたらしていることに対し、「爆買いがなかったら、日本はとっくにダメになっている」という声が中国国内に存在することを指摘する一方で、日本の製造業における強大な実力を見れば「多くの中国企業はまだ、よちよち歩きの赤ちゃん同然」と論じた。

 続けて、日本はかつて「ハイテク製造業」と「経済先進国」の代名詞的存在だったとしつつも、日本は「今なお隠れた実力を持ち続けている」と指摘。日本が国外に莫大な資産を持つこと、製造業においても世界有数のシェアを持つ企業が数多く存在することなどを指摘したうえで、日本経済は冷戦時代の恵まれた環境を失い、バブルの発生と崩壊によって経済成長率が相対的に低迷して見えるだけと主張。「失われた20年」という言葉があることを指摘する一方、むしろ「正常に回帰するための20年」と呼ぶほうが適切と論じた。

 また記事は、日本は技術革新を重視する国であると同時に、ハイテク製造業では相当な技術力を持ち、国外における資産は膨れ上がっていると主張。中国で見られるような「日本経済はもうダメだ」といった評価は完全に的はずれであり、GDPのような数値では計れない、一般の中国人の目には見えない部分で日本経済は実力を高め続けているのが現実だと論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)