科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に、中国・カナダ・英国・米国の科学者による国際チームの報告書が掲載された。

写真拡大

北京時間28日に出版された科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に、中国・カナダ・英国・米国の科学者による国際チームの報告書が掲載された。彼らは琥珀の中に保存された鳥類の標本を初めて発見した。この2点の標本は非常に小さく、幼鳥の翼しか残っていない。しかし詳細な点まで見て取れるため、人類は初めて恐竜時代の鳥類の姿をうかがい知ることができる。光明日報が伝えた。

【その他の写真】

同研究のリーダーの一人、中国地質大学(北京)の■立達(■は刑のへんにおおざと)氏によると、この標本には2匹の鳥類の羽と一部の軟組織が含まれる。琥珀の有名な産地の一つ、ミャンマー北部・カチン州のフーコン谷で発見された。

別のリーダーは、「この2点の標本は今から約9900万年前のもので、それぞれ『天使の翼』、『ロス』と命名した。天使の翼は開くと18ミリメートルあるが、ロスは12ミリメートルのみ。標本のサイズ、骨格の発育状況と比例から考えると、この標本は早熟型の幼鳥の羽であることが分かる」と説明した。

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の鄒晶梅研究員、王敏副研究員は、3Dデータの再構築により、この2点が典型的なエナンティオルニス類であることが分かるとした。「現時点ではひとまず2点を同種としているが、発育後に大きな変化が生じた可能性もある」。

エナンティオルニス類と真鳥類は、鳥類の進化の2大グループだ。エナンティオルニス類は白亜紀に繁栄し、白亜紀後期に絶滅した。エナンティオルニス類は鳥類の起源開始後、初めて世界的に広がった鳥類と見なされている。真鳥類は現生鳥類のルーツで、すべての現生鳥類とその祖先に進化した。

科学者によると、この「タイムカプセル」に封印されている動物は、エナンティオルニス類の最も新鮮な研究標本になるという。この標本は、エナンティオルニス類の幼鳥がスズメほどの大きさしかない時に、成年の鳥類に似た羽毛を持つことを示している。しかも羽毛の構造と成長方法は、現生鳥類に酷似している。

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の徐星研究員は「これはある意味、世界最小の恐竜の可能性がある。その体長はわずか3.5センチだ」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)