いよいよ週末、ビールをグイグイ飲むハッピーな時間がやってくる。いつもの枝豆にビールもいいが、さらに一段上の極上のアテを厳選。

ビールがさらに好きになること間違いなしの一皿を召し上がれ!



見るからに上質な肉を使用した「ローストビーフ」¥1,480はお店の1番人気!ソースがビールに合うのもポイント
昔ながらの味付けがビールにぴったり
『レバンテ』の「ローストビーフ」

有楽町


昭和22年創業のレトロなビアホールのムードが残る店。冬場は牡蠣フライで有名だが、実は上質なサーロインで毎日手作りする特製ローストビーフがビールに合う、と常連客から人気を集める。

牛すじなどから丁寧に取ったジュ(スープ)がかけられた本格派ながら、箸で取り分けられるようカットしてあるのもうれしい。一度食べたらハマってしまう組み合わせを試してほしい。





ワインに合わせるイメージが強いかもしれないが、濃い味の「カスレ」はビールとも相性バツグン
いろんな肉をちょっとずつ、がうれしい
『ヘイメル ミヤマス』の「カスレ」

渋谷


ベルギービールの品ぞろえが自慢の炭火焼きビストロの人気メニューが、鴨のコンフィ、自家製ソーセージ、豚バラ肉を煮込んだカスレ。食感や味わいがそれぞれ違う肉を少しずつつまめるので、大人数で注文するのがおすすめ。

ベルギービールも銘柄ごとに個性が異なるが、この味ならどんなビールとも合う。





甘辛ソースをまとった揚げたチキン、ビールに合わない訳がない!「バッファローウィングス」6P¥980
手づかみで豪快にかぶりつきたい
『麻布バッファローウィングス』の
「バッファローウィングス」

乃木坂


外国人客が多い西麻布で美味いと評判のバッファローウィングス専門店。

ジューシーな鶏の手羽にからめるソースは7種類から選べるが、おすすめはこちらの「オリジナル」。本場アメリカ南部で愛されている甘辛な味は、後を引くこと間違いなし。手づかみでカジュアルに楽しめることも魅力だ。



シーフードだって相性抜群 !続いて魚派必見のメニューをご紹介


刺身や生牡蠣など、旨みたっぷりの新鮮なシーフードは、シンプルなままでも十分ビールに合う。けれど、そんな素材の味を生かしつつ、ひと手間かけてビールが進む味に仕上げているのが人気店。

というわけで、シーフードとビールが美味しい店から厳選した3メニューがこちら!



お洒落な見た目とは少しギャップのある、アジアンテイストが特長の「ジャンボシュリンプカクテル」¥2,300
見た目もおしゃれなフィンガーフード
『T.Y.HARBOR』の「ジャンボシュリンプカクテル」

天王洲アイル


今の東京のブルワリーレストラン(醸造所併設のレストラン)ブームの火付け役ともいえる、天王洲の超人気店『T.Y.HARBOR』。

カクテルグラスに引っ掛けたエビは、その名の通りジャンボサイズ!コリアンダーが隠し味の柚子胡椒ソースをつけながら、プリプリの食感とエビの旨みをこたわりのビールとともに堪能したい。





ダイナミックなビジュアルにテーブルから歓声が上がる!「まぐろのカマ カリカリスパイシーグリル」¥780
まぐろのカマをビストロ流にアレンジ
『クラフト麦酒ビストロ CRAFTSMAN』の
「まぐろのカマ カリカリスパイシーグリル」

五反田


まぐろのカマをグリルし、コリアンダー、マスタード、キャラウェイの3種のシードをのせたしゃれた一品。ビネガーをかけて、味に変化を付けて楽しんでほしい。

31種ものクラフトビールを味わえる店だが、「ビアバーというよりビストロ」というスタンスを貫くだけあり、料理はどれも美味しいと評判。仕事仲間、恋人問わず、誰と来ても楽しめるカジュアルなお店の雰囲気も◎





ビール好きの為の一皿と言っても過言ではない「キビナゴの自家製アンチョビ」は濃い目の塩味
ちびちびつまむ“アテ”系のひと皿
『ブリーチョ』の「キビナゴの自家製アンチョビ」

六本木一丁目


バレンシア地方の料理をベースにしたスペインバル『ブリーチョ』の人気メニューは、キビナゴの自家製アンチョビ。しっかり塩気が効いたアンチョビとアーモンドスライスをまぶしたマッシュポテトの組み合わせは、ちびちびつまむのに最適だ。

さっぱりとした味わいの、スペイン風のコップビール「カニャ」と合わせて召し上がれ!