30日、英国のEU離脱の旗振り役だったボリス・ジョンソン前ロンドン市長が保守党の党首選に出馬しないと表明した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月30日、AFP通信によると、英国の欧州連合(EU)からの離脱の旗振り役だったボリス・ジョンソン前ロンドン市長が、保守党の党首選に出馬しないと表明した。

国民投票でEUからの離脱が決まった英国では、与党・保守党党首のキャメロン首相の後任を選ぶ党首選が行われる。EU離脱の旗振り役だったジョンソン前ロンドン市長の出馬が有力視されていたが、ジョンソン氏は30日、党首選に出馬しないと表明した。ジョンソン氏は記者会見で、「同僚たちに相談し、議会の状況を考慮した結果、(次期首相となる人物は)は私ではないとの結論に達した」と述べた。候補の受け付けは同日に締め切られ、テリーザ・メイ内相、マイケル・ゴーブ司法相ら5人が立候補を表明した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「英国版のトランプ氏だな」

「まさにトランプ氏がこれからやろうとしていること」

「ペテン師だ。本当はEU残留を支持していた」

「臆病者の負け犬だ。彼が数年後に英国を去っていても驚かないよ」

「ジョンソン氏は道化役のうそつきだ。英国人は罠にはまってしまった」

「きっと女王が、首相になるなら髪の毛をとかさないといけないと言ったんだよ」(翻訳・編集/蘆田)