29日、グローバル経営コンサルティング会社のボストンコンサルティンググループがこのほど発表したグローバルに活躍する急成長中の新興国発超優良企業「グローバル・チャレンジャー2016」100社に中国から最多の28社が選ばれた。写真は上海。

写真拡大

2016年6月29日、グローバル経営コンサルティング会社のボストンコンサルティンググループ(BCG)がこのほど発表した、グローバルに活躍する急成長中の新興国発超優良企業「グローバル・チャレンジャー2016」100社に中国から最多の28社が選ばれた。参考消息網が伝えた。

中国から選ばれたのは、ネット通販最大手のアリババ、国有コングロマリットの中信集団(CITIC)、娯楽・不動産大手の大連万達集団、スマートフォン大手のシャオミ(小米科技)、中国東方航空など。

「グローバル・チャレンジャー2016」は、年間売上高10億ドル(約1027億円)以上、海外売上高10%以上もしくは海外M&A額5億ドル以上の新興国企業を対象とし、売上規模、売上高成長率、収益性、従業員数に加え、グローバルな成長に対する姿勢、各業界のグローバル・リーダーとなるポテンシャルなどを評価したもの。中国から28社、インドから16社、中南米諸国から23社が選ばれた。(翻訳・編集/柳川)