写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で30日、7月1日に開幕する『妖怪ウォッチ』をテーマにしたイベント「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」(〜9月4日)のプレスプレビューが行われ、新アトラクション「ようかい体操・ザ・リアル」がお披露目された。

「ようかい体操・ザ・リアル」は、ゲームやアニメで人気の『妖怪ウォッチ』のテーマ曲「ようかい体操」を目の前に現れた妖怪と一緒に踊れるアトラクション。プレスプレビューでは子供を中心とした先行招待ゲストがひと足早く体験した。

同アトラクションは、通常のアトラクションが妖怪たちに乗っ取られたというストーリーで展開され、スクリーンにジバニャンやウィスパー、コマさん、USAピョンら妖怪たちが登場する。そして、みんなと友達になろうと、ゲストを巻き込んで「ようかい体操」を踊ることに。ジバニャンが「みんな体を動かすニャン」「みんなで友達になるニャン」と呼びかけ、妖怪たちが「横、横、前、前…」と振り付けを説明しながらみんなでダンス。「ヨーデル ヨーデル ヨーデル ヨーデル」とおなじみの歌にのせて盛り上がり、妖怪たちも大喜びだった。

「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」では、「ようかい体操・ザ・リアル」のほか、リアルな"妖怪パッド"と"妖怪ウォッチ"を使って妖怪を探すウォークスルー型アトラクション「妖怪ウォッチ・ザ・リアル3」も登場。第3弾となる今回は、今夏発売となるゲーム『妖怪ウォッチ 3 スシ/テンプラ』と同じく、"USA(ユーエスエー)"が舞台となる。

2大アトラクションに加え、妖怪が営むアメリカン・レストラン「妖怪スタジオ・スターズ・レストラン」が初登場。ウィスパー料理長のもと、ジバニャンやコマさんなどおなじみの妖怪たちがコックになって考えたという本格的な洋食の妖怪メニューが味わえる。また、「ラリー専用 妖怪パッドS」に示された目印をもとに、USAピョンや"USA"の街を楽しんでいる妖怪たちを訪ねていく「妖怪ウォッチ・ザ・ラリー3」(有料)も開催する。