ミュージカル「キンキーブーツ」取材会に出席した(写真左から)ソニン、小池徹平、三浦春馬

写真拡大

7月21日(木)から上演されるブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の公開稽古が行われ、出演する小池徹平、三浦春馬、ソニンが取材に応じた。

【写真を見る】三浦はドラァグクイーンらとセクシーなダンスを披露!

本作は'05年の同名映画をミュージカル化。経営不振に陥った老舗の靴工場を、跡取り息子のチャーリー(小池)がドラァグクイーンのローラ(三浦)との出会いから差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描く。

本舞台が初共演になるという小池と三浦。小池は「めっちゃ楽しいです! お互い初めてという感じがしない。二人とも役どころが全く違うので、別々の苦労を乗り越えています」と明かした。さらに、ドラァグクイーン役の三浦に触られると…「『アッ!』ってなりますね。迫力がすごいですし、圧倒される感じですね」とコメント。

ヒロインのローレン役のソニンは「ブロードウェイで初めて見た時から『これは日本で絶対ウケると、ビビビッときました!』と本作を絶賛。

また、三浦は「'13年に初めて『キンキーブーツ』を見たときから、もし日本で上演するならこの役のオーディションを絶対受けたいと思っていました。ヒールのブーツで踊るのは苦労しますが、実際に履くと毎日のテンションを一つ上げてくれるような気がします。日本版『キンキーブーツ』を見に来たお客さんは、ヒールを見る目が変わるんじゃないかなというようなブーツをスタッフさんが作ってくださっているので、とても楽しい作品だと思います」と魅力を語った。

最後に小池は「本番に向けて順調に進んでいます。より一層いい作品になるよう日々努力して『キンキーブーツ』をお届けしたいと思いますので、ぜひ劇場でご覧いただけるとうれしいです!」と意気込みを見せた。