愛され妻はドレスを買う!? コストを抑えて「最高の結婚式」をする方法

写真拡大 (全2枚)

『リクルートブライダル総研』の調査によると、ウエディングドレスの手配方法はレンタルが85.1%、購入が13.4%、と、ほとんどの人がレンタルを選択しています。

しかし、実は損しているかも知れないということをご存知ですか? 購入はときにレンタルよりもお得で、1万円という驚きの低価格でドレスを手に入れることができるのです。

さらには購入ドレスならではの演出もでき、レンタルよりも良いことたくさん!

そこで今回は元ブライダルプランナーの筆者が、低価格と質の高さを両立できる“アウトレットドレス”をご紹介します。

■アウトレットドレスって?

アウトレットドレスとは、元の値段から“大幅な割引率”で販売されているドレスのことです。

(1)値段

“大幅な割引率”が具体的にどれくらいかというと、ほとんどが50%から90%OFF。多い価格帯は5万円から10万円程度の印象ですが、安いものなら1万円から3万円で手に入ります。

ウエディングドレスにかかる平均費用は24.9万円といわれているので、式場によっては取られることもある持ち込み料(保管手数料約5万円)のことを考えても十分安くなりますね。

(2)品質

中古から新品、レンタルされていたドレスや店頭などにサンプルとして置かれていたものまでさまざまで、アウトレットだからといって中古品とは限らないというところがポイントです。

アウトレットであることが信じられないほど質の高いドレスが本当に多く、むしろレンタルドレスのほうが汚れていたりシルエットが古かったりもすることもしばしばあります。

■どこで手に入るの?

格安ウエディングドレス、と言ってしまうとネット通販のイメージがあるかもしれませんが、実は全国各地で展示即売会や販売会が開催されています。

実際に見たり調べたりする前から「よいドレスはアウトレットにまわってこないんじゃ?」なんて考えるのは損。200着から500着もの展示のなかには、国内の有名ブランドのほか、おしゃれなインポートやデザイナーズドレスなどもそろっており、お気に入りがきっと見つかるはずです。

サイズオーダーやアフターサービスまで対応しているところもありますよ。

■アウトレットドレスでしかできない演出「トラッシュ・ザ・ドレス」

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

ドレスを購入するのがスタンダードなアメリカでは十数年前から定番の演出で、安く買ったドレスでないと絶対にできない、『トラッシュ・ザ・ドレス』。

真っ白なウエディングドレス姿で海に入ったりビーチで遊んだりして、ドレスを水や泥で汚してしまい二度と着られなくするというもので、なかなかほかの人にはマネができない演出です。

楽しく遊んで汚して着られなくすることで、永遠の愛を誓うなんて素敵ですね。

いかがでしたか? 安くて質の高いアウトレットドレス、ドレス選びの選択肢のひとつとして、ぜひ覚えておきましょう。

気になった方は展示会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

【参考】

※ ゼクシィ結婚トレンド調査2015 報告書(首都圏) - リクルートブライダル総研

【筆者略歴】

Y.NISHIKAWA ・・・ 全米ブライダルコンサルタント協会員。ホテル・専門式場でブライダルプランナーとして勤務したのち、ブライダルライターとなり独立。結婚を意識するすべての女性の利益となる情報をつまびらかにすることがモットー。

【画像】

※ Filmmanjue / shutterstock