29日、中国映画市場の今年半年間の総興行収入が242億8500万元(約3760億円)に。春節期間に記録的なヒット作を生んだことが大きく影響している。

写真拡大

2016年6月29日、中国映画市場の今年半年間の総興行収入が242億8500万元(約3760億円)に。春節期間に記録的なヒット作を生んだことが大きく影響している。新浪が伝えた。

【その他の写真】

娯楽産業調査会社・芸恩咨詢(Ent Group)が今月28日までの半年間データを発表したもの。今年1〜6月、中国では192本の映画が公開され、総興行収入は前年同期比21%アップの242億8500万元(約3760億円)となった。この数字に大きく貢献したのが、春節期間に公開された3本の中国映画。チャウ・シンチー(周星馳)監督「美人魚」は、33億9000万元(約525億円)の興収を記録し、中国で最も売れた映画となった。また、ファンタジー時代劇「西遊記之孫悟空三打白骨精」、俳優チョウ・ユンファ(周潤發)の人気シリーズ「澳門風雲3」がそれぞれ、大きなヒットを生んだ。

しかし、ここ数年は半年ごとに30%ほどの成長を見せてきただけに、この21%増という数字からペースダウンが明らかに。と言うのも、今年4月以降は目立ったヒット作が出ていないためだ。この2カ月ほどは「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」と「ウォークラフト」の海外作品2本が市場を支えているが、国産映画は低迷している。

今年の夏休み期間には、「コールド・ウォー2」など人気作の続編、「アイス・エイジ5」といった話題作が公開されるため、再攻勢が期待されている。(翻訳・編集/Mathilda)