写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは30日、アナログ時計でありながら電子マネー機能やスマホ連携機能などを搭載した腕時計「wena wrist (ウェナ リスト)」の正式販売を本日より開始したと発表した。

「wena wrist」は、同社の新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)のひとつ「wenaプロジェクト」によるプロダクト。ヘッド部分にはアナログ時計を採用しており、バンド部分に電子マネー機能、通知機能、ログ機能を搭載する。

同製品は、2015年秋にクラウドファンディングを実施し、1億円以上の支援を集めたことで話題となったもの。2,000人以上の出資者への製品配送を完了したことから、このたび正式販売を行う運びとなった。

また、同製品をスマートフォンと連携させる「wenaアプリ」に関して、クラウドファンディング時にリリースしていたiOS版に加え、Android版を提供開始。Android版アプリでは、通知機能とログ機能を利用可能となっている。

電子マネー機能の有効化にはフェリカネットワークス提供の「おサイフリンク」アプリが必要となるが、同アプリの対応OSは現在iOS版のみ。そのため、同社はAndroidスマートフォンを用いている購入検討者に対し、楽天Edyの初期設定を同社側で行う「楽天Edy初期設定代行サービス(有料・3000円)」の利用、あるいはiOS端末とAndroid端末双方を所有するユーザーに対してはAndroid端末で電子マネー機能を有効化する設定の実施を案内している。

なお、同製品は全5種展開。「Chronograph(クロノグラフ)」シリーズのシルバー(WN-WC01S シルバー)が5万9,800円、プレミアムブラック(WN-WC01B)が6万9,800円。「Three Hands(スリーハンズ)」シリーズのシルバー(WN-WT01S)が4万2,800円、プレミアムブラック(WN-WT01B)が4万9,800円、ホワイト(限定色)(WN-WT01W)が4万3,800円。充電クリップ(1,980円)ほか、調整コマなどのアクセサリの単品販売も行うとのこと。