写真提供:マイナビニュース

写真拡大

不意に「なんか疲れてない? 」などと声をかけられた経験はないだろうか。実はその質問、漫画でもよく描かれるように、「お疲れ顔」を表現する最大のポイントとなる、目の下のくまによるもの。

どんなに若々しい肌の持ち主であっても、くまがちょっとでも影を落としているだけで、一気に老けた印象を与えてしまう。そして、そのくまにも実はいろいろな種類があるのだ。本稿では、色別のくまの原因とその対策を紹介しよう。

○睡眠・鉄分不足、スマホの使い過ぎが招く「青くま」

くまができる原因として最も多いのが「血行不良」。寝不足や疲労、運動不足、鉄分不足などが主なトリガーとして有名だ。さらに近年は、パソコンやスマホで目を酷使しすぎて顔の血行を悪くさせ、青くまをつくってしまうケースが増えている。

対策: 睡眠と運動で血流をアップ

とにかく目の周りの血行をよくしてあげることが大切。まずは日頃から睡眠をしっかりとり、体を積極的に動かそう。「とにかく歩く」「できるだけ階段を利用する」といった日々のちょっとした心掛けが、青くま改善への第一歩となる。一日の終わりには、ゆっくりと入浴する習慣も身につけよう。血行が促進されて寝つきもよくなるのでお勧めだ。

また、インスタント食品やファストフードをよく利用する人、外食が多い人は鉄分不足に注意。自炊で栄養バランスを取る余裕がなければ、サプリメントで補給してもOKだ。

○寝ても消えない頑固な「茶くま」は色素沈着

いくら生活を改善してもシミが消えないという人は、色素沈着を起こしている可能性大。要はシミと同じだから、一度できてしまうとなかなか消えず、放っておくとどんどん濃くなってしまう。

原因のひとつに挙げられるのは、油分の多い化粧品。ファンデーションのみならず、目元はさらにアイシャドウやアイライン、マスカラなど最も多くのアイテムを駆使するパーツだ。メイクを落とさずに寝てしまう人、ノーメイクで過ごす時間がほとんどない人は、帰宅後すぐにメイクオフする習慣を身につけよう。

対策: 紫外線対策とクレンジングの見直しを

できてしまった「茶くま」の大敵は紫外線。メイクがヨレる心配などから、目元はついUVケアを怠ってしまいがち。その場合は、日焼け止めやファンデーションを塗った後、一度パウダーで押さえておくと、ヨレにくくなるので試してみよう。紫外線量の多いシーズンはサングラスや帽子、日傘などの日よけグッズもお忘れなく。

また、アイメイクをしっかりする人は、できれば専用のクレンジングを使い、落とすときにゴシゴシこすらないように気をつけよう。摩擦による刺激は、「茶くま」に直結するからだ。アレルギーなどでよく目をこすってしまうクセがある人も、同様の注意が必要となる。

○たるみ、シワと連動する「黒くま」は老化のサイン

加齢、環境因子、手入れ不足など、さまざまな要素が重なって進行するエイジングサインのひとつが「黒くま」。目の周りがたるみ、下まぶたが下がると皮膚に段差が生じて、黒い影=くまが出現してしまう。

対策: 眼輪筋トレーニングでリフトアップを

目のたるみをリフトアップするには、筋トレが効果的。特に目の周りをドーナツ状に囲んでいる「眼輪筋」という筋肉を鍛えれば、むくみや余分な脂肪も解消されて、ぱっちり目が戻ってくる。

乾燥などによる小ジワもくまを悪化させるため、朝晩のスキンケアではアイゾーンの保湿も心掛けよう。目元美容液やクリームを塗布する際のポイントは、眼輪筋の流れを意識して、眉の上あたりまで広い範囲をトリートメントすること。同じアイテムでも、効果の出方が変わってくるはずだ。

自身のくま症状を知ることで、悩みに合う手入れも可能。毎日のケアで、「見た目印象」を上げていくようにしよう。

からだエイジング

(からだエイジング)