サラダはもちろん、旬野菜のアヒージョや野菜のフリットなど新鮮な九州産野菜を使用したメニューをラインアップ

写真拡大

アミュプラザ博多(福岡市博多区)2階に7月1日(金)、サラダ&カフェバー「VEGEBAL KYUSHU (ベジバル キュウシュウ)」がオープンする。

【写真を見る】店内は白を基調にグリーンのあるナチュラルな雰囲気。昼はカフェ、夜はバルとして利用できる

同店は、野菜中心の人気カフェ「オルトカフェ」(福岡市中央区)、食のセレクトショップ「メルカート」(福岡県福津市)などを展開しているオルトカフェグループが手がける新業態。「健康的な食事を楽しみたい」「九州産のおいしい野菜を食べたい」という現代人のために、“おしゃれで楽しい健康的なベジタブルバル”をコンセプトに誕生する。

地産の採れたて野菜をおいしく食べてほしい、という思いから、「メルカート」が厳選した福津・宗像産を中心とした九州の野菜を使用。ランチは、様々なトッピングができる「カスタムサラダランチ」(980円〜)を楽しめる。「オルトのパン」をはじめとする、オルトカフェグループの人気パン食べ放題とワンドリンク付いたお得なセットだ。ディナーでは、地元産野菜のサラダはもちろん、「シラスと豆苗のアヒージョ」(580円)や「アツアツアジフライとセロリのタルタル」(580円)、「鉄板ベジオムレツ」(590円)などタパス中心のメニューがそろう。その他、「オルトのパン」(630円)や「オルトのスプレッド」(500円)などテイクアウトメニューも用意する。

素材から調理法までこだわり抜いた野菜料理は、ヘルシーでありながら満足感も十分。新たな驚きや発見のあるベジタブルバルを楽しもう!【福岡ウォーカー】