人に期待を寄せすぎると、その期待が裏切られたときに傷つくことになります。でも、まったく他人に期待をしなかったらどうでしょうか? 少し心が軽くなりませんか? 
今回は、生きるのがとっても楽になる、人に期待しない生き方のススメを書きました。

そもそも他人に期待するから傷つく

他人は自分の所有物ではありません。自分には自分の価値観や考え方があるように、他人にもそれぞれの価値観や考え方があります。そのため、他人に期待するのは最初からやめたほうがいいでしょう。
けっして他人は自分の思い通りには行動してくれません。なぜなら、“他人”だからです。シンプルなことですが、人はなぜか他人の言動に期待してしまい勝手に失望して、人間不信におちいりがちです。
でも、最初から他人にいっさい期待しなければ、たとえ他人から予想外の反応がかえってきたり、裏切り行為をされたとしても「どうでもいいか! どうせ他人だし」と早めに気持ちを切り替えることができます。
他人に対する期待をゼロにすることは決してネガティブなことではなく、自分が生きやすくなるための秘訣のひとつなのです。

他人に期待しなくなると変わること

他人に期待しなくなると、他人の言動に左右されることが圧倒的に減ります。他人と自分との境界線をしっかりと引いた付き合いができるようになるのです。ゆえに、人間関係におけるストレスも極小になります。
他人がなにを言おうが、どんな行動を起こそうが、完全スルーできるようになっていくのです。そうなると、心に余裕が生まれ、より自分のことに集中できるようにもなるでしょう。
他人に期待しない生き方は、一見ネガティブな生き方に見えるかもしれませんが、じつは非常にポジティブな生き方なのですね。

自分にさえ期待しない

プレッシャーに押しつぶされそうになっている人は、自分で自分を責めているケースがほとんど。他人からのプレッシャーに加え、自分で自分にもプレッシャーをかけているのです。
そのプレッシャーの裏にひそんでいる気持ちは「自分に対する期待感」。自分はこれくらいできるはずだ、しなければいけない、といったほぼ強迫観念に似た期待感を自分自身に抱いているからこそ、過度なプレッシャーを感じてしまうのです。
そのため、たびたびプレッシャーに押しつぶされそうになる人は、金輪際、自分に期待するのをやめることをおすすめします。
自分に期待しても、自分自身によってそれが裏切られれば、ヘタするとひどい人間不信におちいってしまいます。そうならないためにも自分に期待せず、ベストを尽くしたうえで、結果がどうであれ「まあ頑張ったからいいか」と自分を許すよう心がけましょう。

他人にも自分にも期待しないで生きられれば楽

他人にも自分にも期待せずに生きられれば、「裏切られた・失望した」ということが格段に減っていきます。言いかえれば、なににも依存せずに生きることが可能になるのです。
人に依存しないで生きるのは本当に楽! つねに感情も安定するようになり、これまで以上にあなたらしく生きていけるようになりますよ。
また他人になにかしてもらったとき素直に感謝できるようになるのも、この生き方のよい点です。