29日、台湾紙・自由時報によると、台湾では今年の夏休みシーズンも日本が人気の旅行先となりそうだ。写真は東京・渋谷。

写真拡大

2016年6月29日、台湾紙・自由時報によると、台湾では今年の夏休みシーズンも日本が人気の旅行先となりそうだ。

旅行情報検索サイト・スカイスキャナーのまとめによると、台湾人が「この夏行きたい旅行先」として選んだ都市の上位3位を日本が占めた。1位は東京で、これに続いたのが大阪と沖縄。「円高の影響をまったく受けていない」と指摘されている。

このほか、上位10位に初めてタイ・バンコクと札幌が入ったことが注目を集めた。団体旅行ではアジアを中心とする近場での旅行が好まれ、個人旅行では英ロンドンや米国のロサンゼルス、ニューヨークに人気が集まるという傾向も見られた。(翻訳・編集/野谷)