写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SAPジャパンは6月30日、人材の効率的な採用を支援するクラウドベースソリューション、「SAP SuccessFactors Recruiting Posting」を同日から提供開始することを発表した。

同サービスでは、求人掲示板、大学や専門学校、ソーシャルネットワークなど、80カ国を超える国々で3000以上のソースに求人情報を投稿できる。多くの日本企業にとっての課題となっている、海外での採用活動や、グローバル人材の獲得に対する障壁をなくすとともに、企業認知度を向上し、最適な人材の獲得をサポートする。また、採用担当者は、応募書類に目を通す仕事に時間を割く必要はなく、応募者の個人面接などにもっと時間をかけられるようになるという。

多数のソースを対象に多言語で求人情報を投稿し、応募状況をリアルタイムで分析して、人材調達の予算とフローの最適化を図れるほか、求人投稿を管理し、各募集チャネルの効果性を評価、比較できるシンプルで操作しやすい統合ダッシュボードによって、時間の節約と投資利益率を効果的に改善できるとしている。

主な機能として、分析機能を備えた「SAP SuccessFactors Recruiting Posting」、あらゆるデバイスをサポートするユーザーフレンドリーな応募者向けソリューション「SAP SuccessFactors Recruiting Marketing」、モバイルでの申し込みから面接日時設定、オンライン採用通知に至るまで採用プロセスを合理化する「SAP SuccessFactors Recruiting Management」などを備えている。

(辻)