3つの入り江が背中合わせになったパダール島の絶景。炎天下、坂道を上ったご褒美!  著者撮影

インドネシアのフローレス島の西沖に広がる、世界遺産のコモド国立公園。“コモド”といえば、そうコモドドラゴンが生息するエリアです。でも、それだけではないのです!

 
コモド島の国立公園事務所へ向かう途中には、なんとピンクサンドビーチがあります。インドネシア語では“赤いビーチ”という意味の“パンタイ・メラ”と呼ばれ、まさにその名のとおり。ピンクサンドビーチといえば、バハマのエルーセラやタヒチのランギロアが有名ですが、そんな遠くまで行かなくても、そしておカネをかけなくても、実はアジアで見ることができるのです。

image3コモド島内の小さな入り江、ピンクサンドビーチ。長さ約100メートル、知名度のわりに意外と短い?   著者撮影

ピンクサンドビーチはコモド島の東側の、岬に囲まれた小さな入り江で、長さは100メートルちょっとくらい。ダイビングボートが数隻集まっているので、「あ、ここか」とわかるのですが、ボートがいなかったら、うっかり通り過ぎてしまいそう。

image4よーくみると、白砂に赤いサンゴの粒が混じっています  著者撮影

上陸してみると、砂粒の中に赤いサンゴのかけらが混じっていて、全体をみると、ほんのりピンク色に見えます。特に波打ち際は、波の形跡に赤い粒が残っているので、わかりやすいでしょう。透明度の高いクリアブルーの海とのコントラストも圧巻です!水面下はサンゴとリーフリッシュが豊富で、スノーケリングも楽しめます。

ピンクサンドビーチへは、ラブハンバジョのダイビングショップなどが開催している、コモドドラゴンのトレッキングと合わせた1日ツアーで訪れることができます。

 
image2パダール島の入り江。ビーチにはほぼ誰もいない状態。皆、丘の上を目指します  著者撮影

そして、穴場にして、あまりの絶景にびっくりしたのが、パダール島!!

パダール島はリンチャ島とコモド島の間に浮かぶ小さな無人島。誰もいないビーチに上陸し、砂地に足を取られながら急斜面の一本道を上ります。赤道近くの炎天下、目に汗が入って霞んでくるわ、歩きづらいわで、かなりきつい登り坂を行くこと約20分。

それでも、がんばった甲斐を感じるのが、丘の頂上から見下ろした眺め! 陸に食い込んだ、隣り合わせの3つのビーチが一度に見えるのです。この世のものとは思えない美しさ! インドネシアには知られざる絶景がまだたくさん残されているだろうな、と、ポテンシャルの高さを感じます。

パダール島はまだマイナーなせいか、ダイビングショップなどをいろいろ探してはみたのですが、ツアーはやっていないようです。
私は、ボートをチャーターして行ってきました。安いボートを手配したら、キャプテンはいい人だったのですが、言葉は通じず……。ま、身振り手振りで、どうにかなるものです。が、当たりハズレはあって、ズルをしようとする人も中にはいたので、目を光らせておく必要はあるかも……。

image5カナワ島の朝食。大樹の下でいただきます  著者撮影

ラブハンバジョ近くで気軽にスノーケルへ出かけるのなら、カナワ島もなかなかの絶景。一周歩いて約40〜50分のサイズの島で、バンガローがあるエリアは遠浅の海、裏手は岩場やマングローブ林が広がっています。

宿泊施設もあるのですが、不便なことを愛するヨーロッパ人がオーナーゆえ、かなりワイルド。トイレで巨大なトッケイヤモリと出くわした時は固まってしまいました。日帰りスノーケリング・ツアーで訪れるのがオススメです。

image6カナワ島の全景。天気が悪かったのが残念。日帰りで訪れるのが、オススメ!  著者撮影

コモド国立公園というと、ドラゴンばかりが注目されますが、ビーチ的に見ても、なかなか面白いエリアですヨ!

 
(text : 古関 千恵子)

 
ビーチ&リゾートコラム「アジアンビーチ☆マニア」
その他の記事はこちら> (http://tripping.jp/author/64)