スバルのスポーツツアラー「レヴォーグ」が年改(マイナーチェンジ)により、C型へと進化しています。B型から欧州への輸出をはじめたレヴォーグですが、彼の地におけるリクエスト(静粛性や安全性の向上)を日本向けにも盛り込んだというのがハードウェアの進化ポイント。

そしてグレード体系を見直し、最上級グレードとして「STI Sport」を1.6リッター、2.0リッターのいずれにも設定したのが大きな変更点となります。合わせて、2.0リッターのGT(標準サス仕様)などが廃止され、全6グレードへと整理されました。とはいえ、GT-Sグレードにブライトパールの新内装色が設定されるなど、ユーザーの選択肢は増えているといいます。

1

さて、注目は新たに登場したSTI Sport。2.0リッター車で比較すると、その価格差は27万円。具体的にはビルシュタインサスなどを備える2.0GT-Sグレード(アドバンスドセーフティパッケージ装着車)が367万2000円なのに対して、2.0STI Sportは394万2000円となっています。

しかし、その変更点は、価格差以上と感じます。ボルドー&ブラックの専用レザーシートにSTIロゴの入ったメーター、ドアトリムも専用で、ボトルホルダー部分には専用にフェルト素材が貼られ、ゴトゴト音を低減。STIという響きからハードコアなスポーツ仕立てを想像していると拍子抜けするくらいのプレミアムな印象です。排気量に関わらずレヴォーグの最上級グレードとして設定したというのも納得のムードを醸し出しているのです。

STIチューンといえるのは、ステアリングギアボックスの取り付け剛性を高めるスティフナーと、ビルシュタインとSTIスプリングによるサスペンション。これまでもレヴォーグのGT-Sグレードにはビルシュタイン・ダンパーが使われていますが、STI Sportのサスペンションはそれとは別物。フロントにはビルシュタインの「ダンプトロニックII」構造を採用したサスペンションが与えられています。

そのSTIスプリングは、同社のイメージカラーであるチェリーレッドに塗装され、ホイールの隙間からチラリと自己主張。そのホイールも専用の切削光輝品で、そのほかシャープな印象になったフロントグリルやメッキ加飾入フロントバンパー、STIロゴの入ったマフラーカッターなどが外観をスポーティに演出しています。

また、これまでのSTIコンプリートカーと異なるのは、レヴォーグSTI Sportは、スバルの生産工場によって作られる量産車であること。明確にスポーティさを感じるエクステリアですが、その走りはSTI+Sportという名前のイメージとはちょっと違うのです。

より具体的にいえば、サスペンションの成果はスポーツ走行でなくても感じることができます。いや、むしろのんびりと走っているときに、その乗り心地のよさが印象に残ります。とくに、路面の段差などを乗り越えたときのショックをマイルドに受け止め、車体の振動をピタッと収める様は、より格上の車両と思わせるもの。こうした挙動は、STIがニュルブルクリンクの耐久レースマシンを開発する過程で手に入れた様々な知見をフィードバックしたものなのだそうです。

ですから、乗り心地がいいといってもフワフワとしたダルなハンドリングというわけではありません。ステアリングの剛性感が高まっているおかげなのか、ステアリング操作と挙動のリニアリティが高まり、ドライバーとマシンの一体感がより強まっていることも感じます。もちろん2.0リッター車は300馬力のターボエンジンを搭載していますから、絶対的な速さもありますが、単に速いというのではない、ドライビングにおける新しいプレミアムさを提案するのが、新生「STI Sport」といえそうです。

じつはレヴォーグだけにとどまらず、「STI Sport」という最上級グレードはスバルの他モデルにも展開するというプロジェクトの拡大イメージを持っているといいます。

次のモデルが何になるか、どのようなSTIチューニングを受けることになるかは、まだ公表できないということですが、今後が楽しみな新グレードの登場といえるでしょう。

●スバル レヴォーグ 2.0STI Sport EyeSight
車両型式:DBA-VMG
全長:4690mm
全幅:1780mm
全高:1490mm
ホイールベース:2650mm
車両重量:1560kg
乗車定員:5名
エンジン型式:FA20
エンジン形式:水平対向4気筒DOHC直噴ターボ
総排気量:1998cc
最高出力:221kW(300PS)/5600rpm
最大トルク:400Nm(40.8kg-m)/2000-4800rpm
変速装置:CVT(マニュアルモード付き)
燃料消費率:13.2km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:225/45R18
メーカー希望小売価格(税込):394万2000円

(写真・文 山本晋也)

 

【スバル・レヴォーグC型試乗】注目の新グレード「STI Sport」は乗り心地がいい!(http://clicccar.com/2016/06/30/382698/)