アニメ「少年メイド」の最終話となる第12話『終わり良ければすべて良し』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)乙橘・KADOKAWA/少年メイド製作委員会

写真拡大

TBSほかで放送中のアニメ「少年メイド」の最終話となる第12話『終わり良ければすべて良し』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第12話では、大量のウエディングドレスの注文を受けた円が無理をして熱を出してしまう。仕事が一段落し、円の体調を心配する千尋に、円は千尋の母・千代の思い出を語る/(C)乙橘・KADOKAWA/少年メイド製作委員会

「少年メイド」は同名漫画を原作に、両親を亡くした小学生・小宮千尋と、千尋の保護者になった青年・鷹取円の同居生活を描くハートフルストーリー。突然母親を亡くし身寄りのなくなった千尋は、叔父だと名乗る円に引き取られる。最初は世話になることに反発していた千尋だが、“メイド”として働くという円の提案を受け、新たな家族関係を築いていく。

【第12話『終わり良ければすべて良し』】

円が大量のウエディングドレスの注文を受けたおかげで、鷹取家はてんやわんやの大騒ぎになる。さらに、ドレスを完成させようと無理をした円は熱を出してしまう。千尋の協力もあって仕事は一段落するが、円の体調は元に戻らない。千尋が心配する中、円は千尋の母・千代のウエディングドレスの思い出を語りだす。

なお第12話は、TBSでは6月30日(木)深夜1時58分から通常放送となっている。