29日、中国福建省晋江市から香港に向かっていた中国・深セン航空の旅客機が、ランタオ島(大嶼山)にある香港国際空港に着陸する際、最低安全高度以下で飛行し、頂上近くにある世界最大級の屋外大仏にぶつかる危険性があったことが分かった。写真は天壇大仏。

写真拡大

2016年6月29日、中国福建省晋江市から香港に向かっていた中国・深セン航空の旅客機が26日、ランタオ島(大嶼山)にある香港国際空港に着陸する際、最低安全高度以下で飛行し、頂上近くにある世界最大級の屋外大仏「天壇大仏」にぶつかる危険性があったことが分かった。香港・東方日報などが伝えた。

報道によると、旅客機は大嶼山頂上(標高935メートル)の近くを、最低安全飛行高度の1310メートルより低いおよそ910メートルで通過した。

管制塔が1500メールまで上昇するよう指示し、旅客機は360度旋回して1800メートルまで上昇。約20分後に無事に着陸したという。

この情報は航空事件を掲載するサイト「The Aviation Herald」によって明らかにされ、世間を騒がせている。(翻訳・編集/柳川)