「クラシカ・音楽人<びと>「佐渡裕〜指揮するということ」」に出演する佐渡裕/(c)CLASSICA JAPAN/熊谷仁男

写真拡大

6月から3ヶ月に渡りCS放送のクラシカ・ジャパンにて特集されている「世界に挑む日本人たち」。第2弾の7月は、指揮者・佐渡裕にフォーカスを当てる。

【写真を見る】「音楽を通して、この時を一緒に生きていると感じることができるのが音楽の持つ力である」と語る佐渡/(c)CLASSICA JAPAN/熊谷仁男

オーストリアを代表するトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督として指揮台に立つ佐渡は、番組「クラシカ・音楽人<びと>」内で、世界的指揮者バーンスタインのアシスタントとして過ごしたウィーンでの生活、現在の目標、目指す音楽について熱く語る。

他にも同チャンネルでは、佐渡が指揮をした2015年の『フィガロの結婚』などの日本初放送番組を含む4番組に加え、9月には8月19日(金)に行われる「グラフェネック音楽祭2016」の10周年記念のオープニングとして披露される佐渡とトーンキュンストラー管弦楽団による「ベートーヴェン:第九」が、日本初放送される。