朝食をとったり、お茶を飲みながら友人とのトークを楽しんだり、読書や仕事をしたり、カフェの楽しみ方は人それぞれ。しかし何気なく行っている行動が、隣の人をイラつかせている可能性が……!

そこで今回は、『美レンジャー』が20〜50代の男女500人を対象に「カフェでイラッとする隣の客の行為」(複数回答あり)を聞いてみました。

■意外とやってるかも?「カフェでイラつく隣の客」ベスト5

それでは早速、カフェでイラつく隣の客の行為のランキング5位を発表します。

第5位・・・人の悪口を言っている(21.2%)

カフェで世間話に花を咲かせている女性グループは少なくありません。隣の客の会話は聞こうとしなくても耳に入ってくるもの。楽しそうな会話ならまだしも、人の悪口ばかり延々と話されると、気分が悪くなるという人が多いようです。

第4位・・・カップルがイチャイチャしている(23.8%)

デートの合間にカフェでトークを楽しむカップル客。普通に会話をしている分には問題ありませんが、人目をはばからず、ハグやキスをするなど、度を越してイチャつくと周囲から白い目で見られてしまうことも!

第3位・・・イライラすることはない(25.0%)

「カフェでイライラすることがない」と回答した人も多く、4人に1人は隣の客にイラッとしたことがないということが分かりました。あまり周囲を気にせず、自分の時間を楽しむことが、カフェを気持ちよく利用するコツかもしれませんね。

第2位・・・話し声が大きい(27.9%)

会話の内容だけでなく、声のトーンも周囲の迷惑になっているようです。特に会話が盛り上がってくると、全体的に声のトーンが大きくなる人も少なくありません。しかし、せっかく落ち着きたくてカフェで過ごしているのに、隣がうるさいとゆっくりできませんよね。また、話し声が大き過ぎると、周囲の会話の妨げになることも。会話を楽しむことは良いことですが、周囲への配慮も忘れずに、声のトーンを意識しながら楽しむことが大切です。

第1位・・・電話の声が大きい(28.5%)

カフェの店内で平気で大声で電話をしている人も少なくありません。“店内での電話禁止”という明確なルールを設けていないカフェでは、店内で電話をすること自体は問題ありません。ただし、注意したいのが声のトーン。通常の会話とは異なり、電話のときは自分の声のトーンを客観視しづらく、つい声が大きくなってしまうことも。

特にケンカや会社のトラブルの電話は、ヒートアップして声のトーンが大きくなりがち。そんな隣の客を見て「外出て電話してよ!」と思っている人が多いようです。特に仕事の電話は内容によっては情報漏えいにつながることもあるので、できるだけ人のいないところに移動してするのがおすすめです。

このように、1位、2位はともに声の大きさに関わる回答となりました。カフェでは声のトーンを意識し、最低限のマナーを守りたいところです。

■カフェならまだしも…「高級レストランでは即アウト」なNG行動4つ!

カフェなら百歩譲ってまだ許される数々の行動も、高級レストランでは即アウト。周囲の客からクレームをもらってしまう可能性も……。そこで、高級レストランで周囲の迷惑になるマナー違反行動を、4つご紹介します。

(1)香水をつけていく

デート前に気合いを入れて香水をつける女性は少なくありませんが、高級レストランでの食事の際はNG! せっかくの料理やワインの香りが分からなくなってしまいます。また、自分だけならまだしも、周囲のお客様の食事の邪魔にもなってしまうので、香水はつけずに入店するのがおすすめです。

(2)カツカツ音がするヒールを履く

高級レストランに足を運ぶ人の中には、食事だけでなく、その空間や雰囲気を楽しみながら食事をしたいと思っている人も多いです。カツカツ音がするヒールは、お店の雰囲気を壊してしまうことも。また、静かな店内を、音がするヒールで歩くのは、あまり格好よいものではありません。できるだけ音がしない靴を選ぶ配慮も大切です。

(3)大声で話す、おしゃべりに夢中になる

おしゃべりに夢中になって声のトーンが大きくなるのはNG。高級レストランで落ち着いて食事をしたいと思っている人にとっては大迷惑。「隣にお客様がいらっしゃるので……」と、お店の方から注意されてしまうと格好悪いですよね。声のトーンに気を付け、会話を楽しみたいところです。

また、お店側はお客様の食べるスピードに合わせて次の料理を準備します。会話に夢中になり過ぎると食事が冷めてしまったり、食べ終わった相手を待たせてしまったりし、一緒に食事する相手の迷惑にもなってしまいます。食事と会話のバランスも意識したいところです。

(4)写真をパシャパシャ撮りまくる

高級レストランでは、料理の写真を撮ることは本来控えた方がよいのですが、どうしても撮りたい場合は、お店の人に一声かけてから撮るのがおすすめ。そのときに注意したいのが、カメラの音やフラッシュ。パシャパシャと音がなるスマートフォンのカメラで何枚も撮影していると、周囲の食事の邪魔になることも。フラッシュ撮影も控えたいところです。

写真を撮るときは周囲の食事を邪魔しないよう、無音カメラを使用して、フラッシュは避けて短時間で撮り終えるように意識することが大切です。

以上、カフェや高級レストランで周囲の迷惑になるNG行動についてご紹介しました。これらを参考に、カフェや高級レストランでの時間を楽しんでくださいね。

【関連記事】

男が急激に冷める!「長時間デートでボロが出る女子」やりがちNG4つ