逆転のメンバー入り、と言えるだろう。

 リオデジャネイロ五輪まで残り約1ヶ月に迫った6月29日、今大会から正式種目となった「7人制ラグビー(セブンズ)」のオリンピックメンバー14名が発表された。そのメンバーには、2015年の15人制ワールドカップで3勝を挙げたメンバーから山田章仁、福岡堅樹とともに、22歳の彼の名前もあった。

 藤田慶和――。

 3月〜4月の大会ではケガの影響もあってメンバー外となり、「オリンピックへの出場は難しいのでは......」とも思わせた。それでも、藤田はあきらめることなく、「昨年のワールドカップで経験したことですが、(メンバーに選ばれるように)アピールばかり考えると、ポジティブになれない。先のことよりも、目の前のことを考えてプレーする」というメンタルに切り替え、練習に取り組んだ。

 5月の沖縄合宿では、「エディージャパンの合宿を経験していなかったら、乗り越えることができなかったかもしれない」(福岡)と言われるほど激しいフィジカルトレーニング中心のメニューを敢行。「(チームよりも)個人にフォーカスした」という藤田も、昨年のワールドカップで94kgまで上がった体重を5kg以上落とし、すっかりセブンズ仕様の肉体に仕上げた。

 そして6月、網走と札幌での試合形式の練習でも、藤田は好調ぶりをアピール。国内の練習相手に、かつて3年間無敗で駆け抜けた高校時代を彷彿させるようなダイナミックなランを披露し、見事逆転でリオ五輪代表メンバー入りを勝ち取った。

【男子7人制ラグビー日本代表メンバー】
桑水流裕策(くわずる・ゆうさく/コカ・コーラ/キャプテン)
副島亀里 ララボウ ラティアナラ(そえじま・かめり/玄海タンガロアラグビー)
徳永祥尭(とくなが・よしたか/東芝)
彦坂匡克(ひこさか・まさかつ/トヨタ自動車)
坂井克行(さかい・かつゆき/豊田自動織機)
合谷和弘(ごうや・かずひろ/クボタ)
藤田慶和(ふじた・よしかず/パナソニック)
トゥキリ ロテ(クボタ)
レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ)
羽野一志(はの・かずし/NTTコミュニケーションズ)
後藤輝也(ごとう・てるや/NEC)
福岡堅樹(ふくおか・けんき/パナソニック)
松井千士(まつい・ちひと/同志社大)
山田章仁(やまだ・あきひと/パナソニック)

 藤田とセブンズの出会いは東福岡高校2年の終わり――、2010年3月に開催された「第2回セブンズアカデミー」だった。2009年にリオ五輪の正式種目となったことを受け、日本協会が始めたプログラムの2期生として受講したのがキッカケである。

 そして高校3年生のときには、当時17歳で7人制・日本代表に初選出。その年の11月にはセブンズのワールドシリーズ(F1のように世界を転戦する世界大会)・オーストラリア大会に出場を果たした。南アフリカ戦では世界的スター選手のセシル・アフリカに追いついてトライを与えず、ケニア戦では逆にトライを決めるなど、藤田は初の世界大会でセンセーショナルなデビューを飾る。

「アタックは世界に通用すると自信になった大会でした。この7人制での活躍があったから、エディー(・ジョーンズ/前15人制日本代表ヘッドコーチ)も自分を引き上げてくれたと思います」(藤田)

 早稲田大学に入ると同時に、藤田は15人制の日本代表にも選出された。ところが2012年5月、15人制ラグビーの試合中に左ひざのじん帯を断裂し、2014年6月には右肩の脱臼と、2度の大けがに見舞われる。だが、藤田は持ち前のポジティブなメンタルで、それらの苦難を克服。その後もセブンズと15人制の"二足の草鞋(わらじ)"を履き続けた。

 ワールドカップを4ヶ月後に控えた2015年5月には、15人制の代表試合を行ないながら、7人制ワールドシリーズのロンドン大会にも参戦。ワールドカップ終了直後のオリンピックアジア予選にも休むことなく出場した。「スペースがあって楽しいですし、たくさんボールを持っていろんなことにチャレンジできる」。セブンズの魅力について、藤田はこう語っている。

 藤田が小さいころから夢に描いていたスーパーラグビーへの参戦は、「毎年チャレンジできる」。だが、「オリンピックは4年に1回。逃してしまうと心残りになってしまう。リオを経験して場数を踏んでから、2020年の東京五輪につなげていきたい」という思いが強く、今年はセブンズに専念することを決めた。

「章さん(山田章仁)のように、(15人制の)サンウルブズと両方する選択肢もありました。でも、どっちつかずになると、この1年はもったいない。オリンピックは(セブンズを)極めた人が出てくる大会なので、やるからには絞ってやろうと思った」(藤田)

 昨年、藤田はワールドカップ直前の試合で先発したものの、本番で出場できたのは予選プール敗退決定後の最終戦・アメリカ戦だけ。「もっと試合に出て、世界の強い相手と対戦したかった。チャンスを掴める位置にいたのに、悔しかったですね。いま思うと大学の4年間は、ミスを恐れて自分のプレーが小さくなっていたと思います」。ワールドカップで活躍できなかった悔しい思いを胸に、藤田は社会人になって気づいたチャレンジ精神を奮い立たせ、8月のオリンピックに挑む。

 15人制での藤田はWTB(ウイング)やFB(フルバック)を務めているが、セブンズでは主にSH(スクラムハーフ)としてプレーする。アタックではチャンスメイク、ディフェンスでは広いエリアをカバーするのが役目だ。「自分の強みは、運動量です!」と意気込む藤田は、ステップやランだけでなく、スペースを見極める能力も秀でており、長い手を使ったオフロードパス(タックルを受けながらも味方にパスするプレー)もうまい。

 セブンズ男子日本代表の目標は、もちろん「メダル獲得」である。本大会の予選プールでは、ニュージーランド、イギリス、ケニアという強豪国と同組になった。だが、藤田が攻撃の起点となって周りを活かすことができれば、強豪国が相手であっても十分に通用するはずだ。藤田の魅力は、「見ているものを魅了する自由奔放なプレー」である。世界の大舞台でどこまで飛躍するか、今から楽しみでならない。

「今の自分は先のことより、目の前のことを一生懸命にやりたい。結果より、プロセスが大事です」

 藤田慶和は一日一日を大事にしながら、心身ともにリオへの準備を進めている。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji