中国国内の環境問題は日本でも時折ニュースになるが、彼らの目には日本の環境意識の高さがニュースになるようだ。中国メディアの捜狐はこのほど、日本の環境保護意識の高さを称える記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)Inge Hogenbijl/123RF.COM)

写真拡大

 中国国内の環境問題は日本でも時折ニュースになるが、彼らの目には日本の環境意識の高さがニュースになるようだ。中国メディアの捜狐はこのほど、日本の環境保護意識の高さを称える記事を掲載した。

 記事がまず注目したのは「ゴミ袋」だ。動物などのデザインが入ったゴミ袋を紹介しているが、日本ではゴミ袋という本来は無味乾燥な存在にすら遊び心を加えていることに驚いた様子だ。反して中国のゴミ事情は深刻だ。道端のゴミ箱にゴミを捨てていれば良い方で、ポイ捨ては当たり前、道で鼻を衝く異臭がすることも少なくない。日本では考えられない光景が中国にはあるのだ。

 次に注目したのは、「ゴミの分別」である。日本の子どもたちがゴミを分別する様子を紹介するとともに、瓶や缶、ペットボトルなどのリサイクルが徹底されている様子を紹介。ほとんどゴミ分別が行われない中国からすれば、子どもたちですらリサイクルのために分別を徹底して行っているのは驚き以外の何ものでもないだろう。

 他にも、「節水」や「職業倫理の高さ」、「マンホールの蓋」などに注目している。日本の市町村では自治体独自でマンホールのデザインを行っていることが多く、地域の文化や自然環境などが意匠として表現されている。記事はマンホールの蓋を「芸術品」と表現しているが、中国のマンホールはデザインの良し悪しを語る以前に、壊れている蓋がかなり多く、非常に危険だ。またマンホールの蓋が金属でできていることから転売のために盗まれることも中国では往々にして発生する。

 記事は全体として、日本人の環境保護意識と日本の清潔さを称えているが、それだけではなく、日本人が「美しさ」を追求する民族であることも紹介している。人は美しいものに惹かれるものであり、それは中国人も同様だ。だからこそ多くの中国人は初めての訪日で、日本の清潔さや美しさに感動するのであろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Inge Hogenbijl/123RF.COM)