第七十五条 (国務大臣訴追の制約)

国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。

(つづく)