人間も「地球の磁場」を感じることができる:研究成果

写真拡大

カリフォルニア工科大学の研究チームが、特定の動物に備わっていることが知られていた「地球の磁場」を知覚する能力が、人間にもあるという研究結果を発表した。

「人間も「地球の磁場」を感じることができる:研究成果」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国の科学者が、人間には「地球の磁場」を知覚できる第六感があるという証拠を得たと主張している。

カリフォルニア工科大学のジョゼフ・カーシュヴィンク教授は、自分が行った実験は、磁覚(磁場を感じる能力)に関する研究としてはこれまで不可能だった再現や立証が可能だと述べている。

生物において磁覚がどのような仕組みで得られるかについては、現在2つの理論がある(日本語版記事)。1つは、網膜にある青色光受容体「クリプトクロム」が磁覚にも関係しているという説。もう1つは、体内に含まれるマグネタイト(磁鉄鉱)が「コンパスの針」の役割を果たすという説だ。

前者については、例えばイヌやキツネ、霊長類など人間以外の哺乳動物の網膜に「磁気センサー」があることを明らかにした2016年の研究(日本語版記事)がある。ドイツのマックス・プランク情報科学研究所が行い、学術誌『Nature』のオンライン版『Scientific Reports』に発表されたこの研究では、イヌやオオカミ、クマ、キツネ、アナグマ、オランウータン、マカクザルなどの哺乳類の網膜に、磁場を感じる分子「クリプトクロム1a」が存在することを発見した。

一方、カーシュヴィンク教授は、後者の説に基づく考えから人間にも磁覚があると主張している(彼は1992年に、鳥のくちばしやサケの鼻のほか、人間の脳にもマグネタイトがあるという研究を発表している)。

RELATED

カーシュヴィンク教授の実験では、まず被験者が真っ暗闇のファラデーケージ内に座るよう指示される(ファラデーケージとは外部の電場が遮られた空間のこと。ここに入ると純粋な磁場だけにさらされることになる)。教授は脳波計を使って、被験者の脳が磁気の強さの変化に反応するかどうかを測定。すると、磁場が反時計回りに回転するとアルファ波が減少した。これは、被験者の脳が磁場に反応して興奮していることを示すという。

今回の実験に参加したのはわずか24人で、論文の査読もまだ行われていない。数カ月後には査読済みの論文が発表される予定だ(研究室は研究への寄付も募集している)。