写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ニフティは6月29日、クラウドサービス「ニフティクラウド」において、IoT化されたデバイスを管理する機能をクラウドサービスとして提供する「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」のトライアルα版を、同日から公開することを発表した。正式版は今秋提供予定。

「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」は、デバイスに組み込んでクラウドに接続するSDKと、クラウド接続された各デバイスを管理できる機能を提供するもので、IoT化したいデバイスにSDKを組み込みクラウド側で認証することで、各デバイスやデバイスに紐づいた個々のユーザーを管理できる。

また、別途開発したアプリケーションを用いて、認識したデバイスからオン/オフ情報や画像データなどのさまざまなデータを収集し、得られたデータをもとにデバイスを制御することも可能。

トライアルα版の初期費用と月額料金は無料。なお、正式版のリリースは、データ可視化などの機能拡充を行った上で今秋を予定している。

(辻)