【事故物件】本当にあったゾッとする話〜実際に体験したことランキング〜

写真拡大

事故物件、という言葉聞いたことがありますか?主に建物内での自殺や他殺、火災による焼死、不審死など、様々な事故が起こった物件を指します。

事故物件には一般的に、賃料や購入金額が抑えられるといったメリットがあります。しかし実際に何か怖い体験をすることはあるのでしょうか――。

幽霊みかけた

住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストから、2016年6月30日、「事故物件実態調査」という、興味深いリサーチが発表されました。実際に事故物件に住んでいる、もしくは住んだことがある458人に事故物件でどのような恐怖体験をしたのかなどを聞いています。

それによると、半数以上の人が「住んでいて何かおかしなことがあった」と答えています。

1位 誰もいないのに物音がした(ラップ音など)...13.8%
2位 誰かがいる気配があった...13.5%
3位 体調が悪くなった...11.6%
4位 悪夢を見るようになった...10.3%
5位 金縛りにあった...9.6%
5位 体が重くなった...9.6%
7位 実際に見知らぬ人物を見かけた(幽霊など)...8.7%
8位 勝手に物が動いたり、移動した...7.6%
9位 勝手に照明が点いたり消えたりした...7.4%
10位 変な臭いがした...7.0%

1位の「誰もいないのに物音がした(ラップ音など)」は、誰もいないのに原因不明の音がなったら幽霊が出たと疑ってかかってしまいそうですが、実は家そのものの構造に原因があるケースも。木材が乾燥する音や温度差で設備が反応することもあるそうです。

しかし設備のせいや気のせいとは言いがたいこんな回答も。なんと「実際に見知らぬ人物を見かけた(幽霊など)」という人が8.7%いました。もしかしたら......とわかってはいても、実際目撃するとツライですよね。

おかしなことが起こりやすい物件は賃貸? それとも持ち家?

1番多かったのは、賃貸アパートで65.7%。次いで賃貸マンション57.9%です。反対に持ち家一戸建てでは43.5%と、1番低い数字になっています。

何かおかしなことが起こる、映画やドラマでも賃貸アパートのイメージありますよね。

賃貸アパートでは「体調が悪くなった」という人が、賃貸マンションでは「勝手に照明が点いたり消えたりした」という人が多い傾向が見られます。

白装束、黒い影、日本人形など、みんなの恐怖体験は、「【事故物件】本当にあったゾッとする話〜シャレにならない体験談〜」で。

調査は、2016年6月6日〜6月8日。事前調査で「現在事故物件に住んでいる」もしくは「事故物件に住んだことがある」と回答した20代から50代までの男女。458サンプルで。