【マジかよ】九州の宿が『愛犬の厄払いプラン』を始めたぞ! ちなみに犬の厄年は7歳・10歳・13歳だそうです

写真拡大

ありとあらゆるペットビジネスが登場し続けている昨今。もう何が来ても驚かない。そう思っていた私(記者)ですが、鹿児島県霧島市の霧島観光ホテルが運営する、愛犬と泊まれる宿「D+KIRISHIMA(ディープラス霧島)」が考案した新プランはなかなかスンゴイ。

その名も、『愛犬の厄払いプラン』! こんなの前代未聞、かも!? 

なんでも厄年を迎えるワンコの厄払い、および健康祈願ができるプランなのだそうですが……そもそも犬に厄年なんてあったんかい! いま初めて知ったわ!

【犬の厄年は何歳?】

「D+KIRISHIMA」によれば、犬にとっての厄年は7歳、10歳、13歳とのこと。

一般に、このくらいの年頃から犬の病気や老化の症状が出やすいため、より健康に注意したほうがいい……という発想から、“犬の厄年”とされているのだそう。

ちなみに、犬の7歳は人間に置き換えるとおよそ44歳〜54歳ぐらい。大きさや犬種にもよりますが、体調に気を配った方がいい年頃かもしれませんね。

【本格的な厄払いをしてもらえるよ】

厄払いは、建国神話の主人公をおまつりしている「霧島神宮」より分祀された、ホテル敷地内の「殿湯神社」にて執り行われます。取りしきるのは「明階」の階位を授かる宮司だそうで、犬の厄払いといっても、なにもかもが超本格的。むしろ私が、ここで厄払いしたいくらいですよ。

【宿自体、とっても素敵!】

鹿児島県の霧島は、神話が伝わることから “神の国” とも呼ばれる地。そんな場所にある「D+KIRISHIMA」は、今年5月に1周年を迎えた、ピッカピカの宿!

「スタイリッシュでラグジュアリーな愛犬旅行を」というコンセプトのもと、部屋には人間用と愛犬用、2種類の源泉掛け流し露天風呂(!)を完備。

さらに、愛犬用の会席風食事などもあって、ペットとともにセレブ気分を満喫できちゃうという、他には類を見ない宿なのよね。

【愛するワンコと最高の旅を♪】

無料ドッグランも完備という「D+KIRISHIMA」。気になる『愛犬の厄払いプラン』のお値段は、朝夕2食付きで1室31000円から(2名で1室を利用 )。

愛犬が今年厄年にあたるという皆さまは、湯治もかねて、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

参照元:D+KIRISHIMA、アットプレス
参考:京都中央動物病院
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る