29日、シンガポール華字紙・聯合早報は、英国のEU離脱で中国人観光客の「爆買い」が日本から英国に移ると報じている。資料写真。

写真拡大

2016年6月29日、シンガポール華字紙・聯合早報は、英国の欧州連合(EU)離脱で中国人観光客の「爆買い」が日本から英国に移ると報じている。

英国のEU離脱によるポンド安は、観光客にとって英国旅行や英国での爆買いの絶好のタンスとなっている。中国旅行大手Ctripによると、ネット上で英国旅行の情報へのアクセスが爆発的に増加している。また、一部メディアは早くも英国での「爆買い指南」の記事まで流している。

一方で、それによる打撃を被っているのが日本だと記事は指摘する。日本の免税店の担当者は、「円高がどこまで続くのかわからない状況では、観光客はおそらく日本に来ない」と話しているという。

英国製品が安くなったことで、代理購入にも再び火がついた。騰訊科技によると、英国はポンド安に加えて現在セールの時期で、代理購入は以前の10倍余りに増加。中国人の爆買いの舞台は日本から英国に移りつつある。(翻訳・編集/北田)