2016年6月28日、ドイツ・ベルリンにてポルシェのラグジュアリースポーツサルーン新型「パナメーラ」が世界初公開され、日本におけるメーカー希望小売価格も発表されています。

1

今まで以上に『911デザインランゲージ』を強めた新型パナメーラ。そのボディサイズは、次のようになっています。

全長5049mm(従来比+34mm)
全幅1937mm(同+6mm)
全高1423mm(同+5mm)
ホイールベース2950mm(同+30mm)

パワートレインは、4.0リッターV8ツインターボ(パナメーラ ターボ)と2.9リッターV6ツインターボ(パナメーラ 4S)の2種。

いずれもインジェクションをセンターにレイアウトした直噴エンジンとなり、V8には気筒休止システムも採用されているということです。両エンジンとも高効率化した8速PDK(DCT)と組み合わせられます。

日本での受注開始は7月28日から。メーカー希望小売価格は、パナメーラ4Sが1591万円、パナメーラターボは2327万円となっています。また、パナメーラターボには期間限定で左ハンドルも受注可能ということです。

エンジンスペック、パフォーマンスは次の通り。

●パナメーラターボ
最高出力:404kW(550PS)/5750rpm
最大トルク:770Nm/1960-4500rpm
0-100km/h加速:3.6秒
CO2排出量(NEDC):214-212g/km

●パナメーラ4S
最高出力:324kW(440PS)/5650rpm
最大トルク:550Nm/1750-5500rpm
0-100km/h加速:4.4秒
CO2排出量(NEDC):186-184g/km

(山本晋也)

日本でも予約開始。価格は1591万円から ─ ポルシェ新型パナメーラ画像ギャラリー(http://clicccar.com/2016/06/30/382561/)