皆さまは女子会、好きですか? 女子会の開催については男女ともに賛否両論あるようですが、基本的には楽しいものだと思います。気のおけない友だちとの女子会なんて、最高に楽しいですよね!
さてそれでは、「女子会がもたらすメリットとデメリット」についてみていくことにしましょう。

女子会がもたらすメリット2つ

1: 精神安定につながる

・ 「仲のいい女友だちと過ごす時間は、精神状態を安定させるのにはうってつけ! でもあんまり親しくない人を混ぜちゃうとマウンティングが始まるから、逆にざわつくことになるけどね」(20代/女性)

▽ 女性は共感をえて安心する部分がありますから、気のおけない友だちと「○○ってホントおもしろいよね〜!」「わかるわかる〜!」なんていうように、他愛もないおしゃべりをすることで気持ちがスッキリしてくるんです。

・ 「男性がいると、やっぱりそれなりに気をつかう。女性だけしかいないならやりたい放題できるから、ストレス発散になる!」(20代/女性)

▽ べつにぶりっ子だとか、そういうんじゃないんですけれど……それでもやっぱり、男性陣の前では報告したいことをストレートに言えなかったりすることもあります。
女性しかいなければ、オブラートに包むことなくちょっと恥ずかしいことだってサラリと言えちゃいますからね。もっとも、それが女子会の中毒性ともいえるのかもしれませんけれど。

2: おいしくてオシャレなご飯が食べられる

・ 「SNSアップも楽しくなるメニューを見つけるのは女子会の醍醐味でしょう」(30代/女性)

▽ おいしい食事にかわいいデザート……SNSで「イイネ」が集まる情報を発信することは女性の生きがいなんです。

女子会がもたらすデメリット2つ

1: 彼氏ができても抜けづらい

・ 「彼氏とのデートにあてたい日でも、女子会の開催日にぶつかればそっち(女子会)を優先せざるをえない」(20代/女性)

▽ 彼氏ができたとしても女子会をおざなりにすることはできません。なぜなら、欠席裁判になることは火を見るよりも明らかだから。

2: 友だちの充実ぶりを目の当たりにして落ち込む

・ 「友だちの私生活が充実していると、うらやましくなったりイライラしたりする。それに比べて自分は……って自己嫌悪におちいることもある」(20代/女性)

▽ 友だちが充実しているのは喜ばしいことだし、わざわざ比較するものではないということも理解してはいるんだけれど……やっぱりくやしかったり落ち込んだりしちゃうんですよね。

女子会には楽しいという主成分のほかに、モヤモヤするという困った副作用もあるんですね。楽しさを優先するか、虚無感を回避するか……これはもはや、永遠のテーマなのかもしれません。