写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ハウステンボスと日本システムウエアは6月29日、スマートゴミ箱「BigBelly Solar(ビッグベリーソーラー)」をハウステンボスリゾート内に設置し、実証実験を開始したと発表した。

「BigBelly Solar」は、太陽光発電機能を備え、同機能により発電したエネルギーによる通信機能を搭載したCO2を排出しない環境配慮型ゴミ箱。

IoT技術を活用し、携帯電話網を通じてゴミの蓄積状況をリアルタイムで発信する機能により、収集頻度や人員配置、ゴミ箱配置の最適化など、収集作業を効率化してコスト削減を実現する。

ゴミ箱は、ゴミ箱がしきい値を超えると自動的にゴミを圧縮する「圧縮型(BigBelly)」、ゴミの蓄積状況の通知のみを行う「 非圧縮型(SmartBelly)」の2種類がある。

今回の実証実験では、ハウステンボスリゾート内に「BigBelly Solar」を設置し、センサーと圧縮機能を活用した運用データを蓄積し、収集業務の改善効果を検証する。

ハウステンボスは、実証結果をもとに、将来的にはオリジナルのごみ箱の開発も計画しており、ユニークな顧客体験の創造を目指す。