2015年に日本を訪れた中国人旅行客の数は約500万人に達し、前年比107%増と倍増した。これだけ多くの中国人が日本を訪れる背景には一体何があるのだろうか。そして中国人は日本の何に魅力を感じて訪日しているのだろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 2015年に日本を訪れた中国人旅行客の数は約500万人に達し、前年比107%増と倍増した。これだけ多くの中国人が日本を訪れる背景には一体何があるのだろうか。そして中国人は日本の何に魅力を感じて訪日しているのだろう。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国人の立場から見た「日本の吸引力」について考察する記事を掲載し、多くの中国人が日本に思いを馳せる理由を分析した。

 記事は「吸引力」という言葉を使用しているが、これは中国人の心を引き寄せる日本の力という意味で使われており、その際たる力は「日本の細部にまでこだわる文化と、気配りの極致とも言える日本のサービスにある」と主張。

 日本のサービスが近年、「おもてなし」という言葉で表現されることがあることを伝えつつ、「質を徹底的に追求し、細部まで妥協しない至高の精神は日本人の生活に溶け込み、そして受け継がれている」と主張。日本を訪れたことのある中国人ならば、「相手の立場にたったサービスとはどのようなものか、はっきりと理解できるに違いない」と主張し、日本のサービスの質を称賛した。

 さらに記事は、日本に比べて中国国内のサービスはあくまでも表面的なものであり、笑顔ですら「作り笑顔」であると指摘。顧客のために考え、顧客のために提供するサービスこそ日本の「おもてなし」であり、「おもてなし」を受けた中国人は心から日本のサービスの質に感動すると指摘し、だからこそ中国人は日本を訪れるとの見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)