写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アカウンティング・サース・ジャパン(ASJ)は6月29日、税理士向けクラウド税務・会計・給与システム「A-SaaS(エーサース)」と、アマノビジネスソリューションズの勤怠管理クラウドサービス「CLOUZA(クラウザ)」とのデータ連係を開始したと発表した。

CLOUZAは、初期費用や基本料金無料、最低利用人数の設定が不要で利用できる勤怠管理サービス。タブレット端末での運用も考慮したユーザーインタフェースを実装し、さまざまな場所で勤怠管理を行える。

A-SaaSには、各種勤怠管理システムから出力した勤怠情報をインポートする機能があるが、今回、CLOUZAに勤怠情報をA-SaaS専用フォーマットで出力する機能が追加された。これにより、A-SaaSを利用中の顧客は、勤怠情報を手入力する作業を省略でき、入力ミスも防げるため、給与計算事務にかかる時間を大幅に削減できるという。

(Aries)