写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは6月29日、2014年8月から建設を進めてきた日米を結ぶ総延長約9000kmの大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトである「FASTER(ファスター)」を完了し、日米アジアを代表する6社のコンソーシアムに引き渡すと発表した。FASTERは6月30日から運用を開始する。

同プロジェクトは、毎秒100ギガビット(100Gbps)の光波長多重伝送方式を採用しており、日米間の海底ケーブルとして同方式は初のほか、同社が日米間を単独で敷設する光海底ケーブル・プロジェクトとしても初だという。

同プロジェクトは、米オレゴン州と日本の三重県志摩および千葉県千倉の2カ所を結び、初期設計容量として毎秒60テラビット(60Tbps)の伝送が可能。同プロジェクトの完了により、オレゴン州をハブに日本と米西海岸の主要都市であるロサンゼルスやサンフランシスコ、ポートランド、シアトルへの大容量通信ネットワークを一層拡充するとしている。

さらに、日本からも東南アジア、およびアジア近隣諸国を結ぶほかの光海底ケーブルとの接続により、今後も増加が予想されるアジア〜米州間の通信需要に対応し、日本の通信ハブとしての地位向上に貢献する。

(山本善之介)